タグ:お店紹介(料理店) ( 73 ) タグの人気記事

シネマ尾道「人生フルーツ」

うさぎさんからファックスで、映画の案内が届いた。
今上映されている映画「人生フルーツ」を見に行けと言う。
え?尾道まで?
とは言うものの電車で19分程。
それに暫く尾道に行っていない。
では行ってみようかと、急遽夫と行くことにした。

連休で尾道の駅前は観光客で一杯。
特に折りたたみ自転車を持った若い方が目立った。
今や世界的にも素晴らしいと認められるようになった「しまなみ海道」。
瀬戸内海を一望できるしまなみは、サイクリストの聖地らしい。

ところで、お薦めの映画「人生フルーツ」は駅前の「シネマ尾道」で上映中。
今日の5日で一旦終わり、27日から再アンコール上映される。

年を取ると、できることが限られるが、
このご夫妻のタフなこと。
先ずはそのエネルギーに脱帽。
元気でないとあのような生活は無理だなと思ったけれど、
高齢だからと人に甘える人が多い中、何でも自分達でされる。
そればかりか、奥様は果実や加工品を皆に送り、
ご主人は無償で自分の知恵を提供される姿勢は
本当に素晴らしく、尊敬する。
人が何かしてくれるのを待つのではなく、
主体的な自立した姿に心を打たれる。

奥様はお料理上手でケーキを焼いたり、ジャムを作ったり、布を織ったりと、
ゆったりと丁寧な生活を楽しんでいらっしゃる。
アイロンのあたった刺しゅう入りの白のテーブルクロスなんて、
面倒で贅沢過ぎて私には真似ができない。

「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」とは、モダニズムの巨匠ル・コルビュジエの言葉だと、
映画の中で繰り返されていたが、
私も家が大好きなので、この言葉が特に心に残った。

お金に支配され、文化的な生活を手に入れた一方で
何か大切なものを捨ててきた近代の生活様式を思う時、
ご夫婦の素朴でたくましく、食や自然を大事にされ、
何でもお金で買うのではなく、自分たちで作るという生き方は
今の時代ではなかなか見ることができない。
餅つきや燻製まで自分達でなんて・・・
それにしても豆餅の焼き印、お洒落で可愛かったですね。
あのアイデアはどこから?

ご夫婦の共通の価値観があってこそ成しえた生き方だが、
このような生活をされている夫婦がいらしゃったことに驚く。
横着な性格では決してできない生活なのに、
大変さを苦労と感じさせない、むしろ楽しんでいらっしゃる様子に思えた。
そこには物を作る喜びを知っている人ならではものを感じた。
幸せな人生を送られたご夫婦に乾杯ですね。

強引に?薦めてくれたうさぎさんに感謝です。

今日は街をウロウロしている途中、
「北前亭」にたどり着いたのでちりめんをゲット。



f0230888_17114563.jpg
そこからランチは「保広」へ。
オープン前に並んで席を取ることができたが、
昨日、一昨日はごった返したとのこと。
写真は割愛したけれど、美味でした。
何回でも行きたいお店。



そうそう、保広へ入る前に
「桂馬」の熱々のゴボウを食べて、ちょっと休憩。

f0230888_17173403.jpg


尾道駅で発見!



f0230888_17220347.jpg

f0230888_17221806.jpg


このカッコいい電車は?
ネットで調べたら




HPによると、
「JR西日本岡山支社が保有する岡山・高松地区の観光列車(ジョイフルトレイン)で、
2016年春の岡山デスティネーションキャンペーンおよび同時期の瀬戸内国際芸術祭にあわせて、
瀬戸内地域の観光推進を図る目的で登場した。

瀬戸大橋線や宇野みなと線の海沿いを走るため片側の座席は窓に向いているほか、物販コーナーがあり、
車内には自転車が持ち込み可能になっている。

「ラ・マル・ド・ボァ」とはフランス語で「旅行鞄」を意味し、外観もトランクをイメージさせるものになっている。 」

一日一便で、金曜日は尾道出発岡山行の便が停車していたので、見れたのですね。




[PR]

by jinoricup | 2017-05-05 17:30 | 暮らしの中で・・・ | Comments(2)

久しぶりに「とも」さんへ

暫く行っていなかった「気音間とも」
水彩画教室の仲間と一緒に伺った。

昨年夏のテレビ放映後は、とても忙しかったそうで、
やっと落ち着いた様子だった。

前菜のわらびの白和えは、ゴマではなくクルミのすり潰しが入っているとのこと。

タケノコに載った木の芽味噌は、普通に作るとこんな綺麗な緑にはならず
これを作るには、ほうれん草を茹でて青よせを作るという面倒な工程があるということを、
頂きながらケーキの先生から教えてもらう。
ケーキばかりではなく、料理上手で栄養学の先生なので、本当によくご存知。

春キャベツのスープはコクがあってとても美味。又飲みたい。



f0230888_22585176.jpg

椀ものは「アスパラのくず粉餅」
蒸して揚げてと手間が掛かる料理。
「絶対家では作れないよね」と言いながら頂く。
その美味しかったこと。

f0230888_23241234.jpg


メインディッシュは、
鯛のソティーか、タンシチューの選択。
私以外は全員タンシチュー
勿論文句なしの美味しさ。

f0230888_23314568.jpg


ご飯・みそ汁・香の物は写真を割愛。

最後に黒豆のシフォンケーキにコーヒー


f0230888_23351734.jpg
お腹一杯に美味しいものを頂いてリーズナブルな価格。
ともさん、本当にご馳走さま。
又行きたいねと言いながら家路に就いた。




[PR]

by jinoricup | 2017-04-28 23:39 | Comments(0)

水彩画教室でミニコンサート

3月末に甚五郎さんへお花見弁当をお願いしたら、
4月初めの丁度その日の予約が取れず、
(お花見弁当の予約が一杯だったみたい)

昨日はすっかり花見が終わっていたが、
一応その代わりということで、
甚五郎のお弁用を頂いた。

ラッピングは季節ごとに変えてあるが、
勿論お弁当の中身も季節感溢れて楽しい。




f0230888_14241557.jpg
家にあった新玉葱や椎茸で簡単なみそ汁を作る。



f0230888_14281944.jpg

夫の分も含め10個注文し、
「一個残ったお弁当を食べに来てよ」
と、例のごとくお弁当で釣って
仲良しのまさこちゃんに来てもらった。

彼女は森山良子並みの美声。
艶のある透き通った声は、持って生まれた才能。

今回食後に数曲、
我が家のホームカラオケで披露してもらった。
いつ聴いても心に沁みる、素晴らしい歌声。

思わず一緒に楽しみ過ぎて、
(私の雑音2曲入るで・・)
写真を撮るのを忘れてしまったわ。

そして3時のコーヒータイム
昨日のケーキは
大好物の洋ナシのタルト。
ケーキの先生に本当に感謝、感謝ですね。

f0230888_14433495.jpg





f0230888_14434982.jpg


f0230888_14440625.jpg


昨日はミニコンサートをし、
何時もとは違う教室で
本当に楽しい時間を過ごすことができて、
皆に喜んでもらった。

絵?
描きました!


追記 
カラオケをするのにテレビでは声が割れるため、
コンポのスピーカーにつないでくれたのは、
maoさんのご主人。
古いステレオなど、修理を諦めていた方のオーディオをよみがえらせる技量を持った技術屋。

なので、お茶の子さいさいでつないでもらいました。

皆様に感謝ですね。






[PR]

by jinoricup | 2017-04-25 14:49 | 水彩画教室 | Comments(0)

今年のさくら会のお花見

桜が咲くとお花見の計画をするのは
皆様同じだと思うけど、
今年は開花が遅く、昨年より10日後となった。

さくら会のメンバーは両隣とその隣と言った間柄。
その方のお宅へ夫婦連れでお邪魔して、今年も盛り上がる。

毎年綺麗に咲いてくれて有難う!と桜にお礼が言いたい。


f0230888_17130388.jpg

室内からの眺め

f0230888_17144652.jpg

毎晩ライトアップのサービスまで・・。

f0230888_17152280.jpg

お弁当はいつもの「甚ごろう」さんで、
お花見弁当のちらし寿司を
美味しく頂いた。


f0230888_17173970.jpg

今年も「皆この一年、元気で過ごせて綺麗な桜を見れて良かったね」と
そんな事をいう年代の私達。





[PR]

by jinoricup | 2017-04-16 17:18 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

今年も「甚ごろう」お弁当

今年の一月は一回だけの教室となった。
久々に皆に会う。

年末から頼んでいた「甚ごろう」のお弁当。
毎回中に入っている物が多少違うが、
今回は私の好みにはまって特に美味。
皆にも喜んでもらう。

本当はともさん仕込みのえび真薯を作る予定だったが、
時間が無くて準備ができず、割愛。
残念だったけど、又の機会と言うことで・・・

f0230888_15092189.jpg



f0230888_15095722.jpg



3時のケーキはキャロットケーキと
ゆずのママレードが入ったシフォン。

f0230888_15111212.jpg


f0230888_15395984.jpg


朝、生豆を焙煎したものの、煎りすぎて失敗。
アイスコーヒー並みの煎り加減になったので、
カフェオーレにする。
初めての失敗だったが、美味しかったようでうさぎさんから
「又失敗してね」と頼まれる。(003.gif)

カップもいつもより大きめの物を使用し、たっぷりと・・



[PR]

by jinoricup | 2017-01-25 15:16 | 水彩画教室 | Comments(0)

ジョアンのパン

義妹が使い切れなかったと言って青春切符を2枚くれた。
夫と相談し、広島まで行くことにした。
それぞれ行きたい場所が違うので、広島駅で別れて自由行動。

今回は手芸店を回ってみた。
長らく行ってなかった「手芸のマキ」
駅から5分程度の所で、歩いて行く。
欲しい生地が見つからず、バスに乗って次のお店「ユザワヤ」へ。
ここでは、ココランドのネコ柄を購入。

夫とふくやで待ち合わせをして、
「酔心」でランチ。
(写真はHPより頂きました)
f0230888_11035816.jpg
f0230888_11064362.jpg



11時30分開店だが予約をしていなかったので、10分早く行って正解。
開店後の人が多かったこと。

ここから又自由行動。

アンデルセンの仮店舗を探して
コーンパンを買いに行ったら、
2~3ヶ月前から作っていないと言われてがっかり。
アンデルセンで一番好きなパンなのに・・・

シャレオの中にある「ウエスギ」に行くと
ここも11月末で閉店となっていた。残念!


三越まで引き返し地下で買い物。
ここでは「ジョアン」のパンを購入。
前回は人気のコーンパンを買ったが、
今回は以前購入して美味しかった量り売りのパンを購入。
5種類買って、食べ比べてみる。
ミニカヌレは今月限定だった様子。

個人的な感想はマカダミアナッツの入ったもちもちパンが美味しかった。
義妹とパン好きな娘にもお土産にする。
f0230888_10333094.jpg

f0230888_10335410.jpg
晩御飯に「うえの」の穴子弁当を購入。
三越地下ではイートインがあるので、
次回はそこで食べてみたい。

色々買い物を済ませ、駅で夫と待ち合わせをして帰路に就いた。
ちなみに夫は、平和公園へ行ったり、ココアを飲んだり
有意義に過ごせた様子。
義妹に感謝です。
ちょっと都会の空気を吸えました。



[PR]

by jinoricup | 2017-01-09 10:48 | お店紹介 | Comments(0)

「おく村」で忘年会

水彩画教室の皆で行く忘年会は、楽しみの一つ。
毎年どこにしようかと相談するが、なかなか決まらないことも。

「おく村」はどうかしらと提案したら
「昨日行ったばかりだけど、美味しいから何度行っても良いよ。」というリピータの方も。

HPによると2002年に開店したとあるので
もう14年目。
出来た頃、数回行ったきりで、
もう10年も行ってない。

HPを見たら、内装も料理も随分変わっている。

f0230888_13333201.jpg
こちらの部屋で昨日頂いた。(写真はHPより)

頼んだのはお昼の「ミニ懐石」
料理の味は最高。
素材を生かした納得の料理に皆な大満足。
「もうこの年なので、どっさりあるより、美味しいものが少しずつが良いよね」と
お喋りしながら食事を楽しむが、最後はお腹一杯。

設えが素敵、気配りが行き届いた接客も感じが良い。
そして何より気さくな料理長さんで和ませて頂いた。

もっと早く行くんだったと後悔するほど・・・
「一年に一回と言わず、季節ごとに変わる料理を食べたいよね」とは皆の声。

又行きたいと思える店には滅多に出会えないが、
そう思えるお店に出会えて良かった。

写真は割愛したので、HPで見てね。



[PR]

by jinoricup | 2016-12-05 13:32 | お店紹介 | Comments(0)

2年ぶりの京都


大阪の孫に会った翌日、同窓会のために京都へ。
2年ぶりだけど、河原町を歩くのは多分十数年ぶりのことで、
とても懐かしかった。
同窓会が始まる前に「ノムラテーラー」に寄ってみた。
生地を見たり、選ぶのはとても楽しい。

さて、今回の会場は鴨川の湖畔にそびえる、ちょっと目を引く洋館。
同級生の説明によれば、アメリカ人「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」の設計だということで、
この建物以外にも数多く洋館があるとのこと。

今回外観の写真を撮らなかったので、ウィキペディアから頂いた。

f0230888_19451049.jpg




部屋の窓から撮った景色


f0230888_19393412.jpg


癖のないあっさりとした味付けでとても美味しく頂いた。


f0230888_19412406.jpg

前菜・スープの次に出していただいた春巻き。

コース料理を頂いたのだけど、写真撮影は割愛し、昔と変わらない同級生のお喋りを楽しませてもらった。

食後、皆で喫茶店でお茶にした後、烏丸四条まで友人と一緒に歩く。
京都の街は着物姿の若い人が多く、(多分観光客のレンタル着物)
嬉しいことだが、その着物が白っぽいものが多く、秋には少し違和感が・・・

着物を着る文化を残すことは大賛成だが、季節感のある着物にできないものだろうか。

今回同窓会に着物で現れた二名の装いは素敵だったですよ。

ところで、紅葉を見る時間がなく、せめて京都の風に吹かれてみたいとばかり、
河原町のそぞろ歩きは楽しかったものの、
その後思ってもみないハプニングに見舞われた。

新大阪の駅中での買い物を楽しみにぐっと早めに
17時01分に京都駅から新快速に乗り、予定だと23分程度で到着の予定だっただが、
高槻駅の手前で突然の急停車。
摂津富田駅踏み切りでの人身事故とアナウンスがある。

いつ頃の復旧か分からず困っていると、停車から十数分後
「今から高槻駅まで行きます。阪急高槻駅から振替輸送します。この列車は18時10分に発車します」と車内アナウンス。
え!18時20分の新幹線に乗れない!!
阪急の駅とJRの駅がどの位離れているか見当も付かなかったが、
高槻駅へ列車が入ると車内に残られる方は少ない様子。
大勢の方々が飛び出されたので、
きっと近いんだと勝手に解釈。

ダッシュで走られる後に付いて商店街の中を走ること、走ること。
まだ~~~?
結構掛かりました。
後でネット検索したら4~500mらしい。駅舎が見えた時はほっとしたけど、汗ダク。
梅田でJRに乗り換えて、新大阪に着いた時は
予約の列車が出た5分後。

間に合うかもと思っただけに
どっと疲れました!

多分だけど、乗っていた列車の方が新大阪には速かったのではないかと思ったら
疲れが倍に・・・


「阪急駅までが遠くて、乗り換えもあったりで
新大阪の到着は変わらないかも」と教えてよと叫びたかったけど。
切符交換してもらった後、後続の列車まで20分ぐらいあったけど、
お土産もお弁当も買う元気が消失。
でも指定席があって良かった。

それでもなんとか551の豚まんだけ買って帰宅した。
まあ、無事に帰ったのだから良かったことにしよう。

お世話頂いた幹事さん、同級生の皆さま、本当に色々と有難うございました。
又会える日を楽しみに・・・・




[PR]

by jinoricup | 2016-11-04 21:00 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

「甚ごろう」のお弁当

今週の水彩画教室は「甚ごろう」のお弁当。



持って来て頂けるのが有難い。


f0230888_14410816.jpg


一つ一つを丁寧に味付けしてあり、
いつもながら上品な味。
満足させて頂いた。


f0230888_14413454.jpg
そして3時のコーヒーブレイク

「かぼちゃのムース」と焼き菓子

f0230888_14461784.jpg

f0230888_14472611.jpg


f0230888_14474616.jpg

今週描いたのはヘレンドの【インドの華」




[PR]

by jinoricup | 2016-10-26 14:48 | お店紹介 | Comments(0)

府中焼きのお店「SOLA」

夏休みは孫達の世話で、なかなか外食ができない。

週末は解放されるので、昨日はやっと 「光哉」 へ。
夫は暫く行かないと、まるで充電が切れたかのように行きたがる。
新鮮な材料に味付けが良く、値段もリーズナブルという
間違いないお店♪

さて、今日は多治米町の「SOLA」(そら)へ。
以前は府中まで「小川」の府中焼きを食べに行っていたが、
ちょっと遠い。
近くにないかとずっと思っていたら、昨年経済レポートで知った。
以来気に入って何度も行かせてもらっている。
こちらも暫く行かないと行きたくなる夫のお気に入りのお店となった。


f0230888_14060229.jpg



今日はレトロなかき氷の機会を写真に撮らせてもらった。
いつの時代のものか不明だが、
子どもの頃にあったのは確か。
懐かしいですね。


f0230888_13505107.jpg
  焼き方が丁寧でとても綺麗な焼き上がり。

f0230888_14045124.jpg
f0230888_14053692.jpg

麺と皮がパリパリ。
ここが府中焼きの醍醐味。
お店の方にお尋ねしたら、
やはり府中焼きを知って来られる方がほとんど。
口コミが多いと言われるのもうなずける。
広島風でも関西風とも違う、府中焼きが一番好き。


[PR]

by jinoricup | 2016-08-28 14:15 | お店紹介 | Comments(0)