タグ:お出掛け ( 44 ) タグの人気記事

ご無沙汰しておりました。

2月中旬から3月中旬まで、毎週大阪へ行っており、
ブログの更新が出来なかったのだが、
やっと日常生活に戻った。

その2~3日の帰宅の間にジムに行ったり、
注文のポーチを作ったり、家の用事をしたりと
結構忙しく過ごしていた。
勿論大阪へ居る間も結構楽しんでおり、
義妹から「信じられない!」と言われる始末。
だって毎週金曜日は孫たちの帰宅まで
たっぷりと時間があるため、
色々出掛けましたよ。

行った先は本町近くの「日本紐釦」


思ったほど、生地はなかったものの安価でファスナーの品揃えも良く、楽しませてもらった。
帰路は歩いて船場センタービルへ。
小売りをしてくれない店が多く、大好きなYUWAの生地はなかったので、ほぼ素通り。

さて次の金曜日は難波駅から歩いて難波千日前道具筋商店街へ。
最初に入ったお店「タケウチ」で


たこ焼きのミニチュアのキーストラップを購入。


f0230888_20163302.jpg

f0230888_20164677.jpg

サンプル屋さん(油谷高正堂)
で、ミニチュアのキーストラップを購入。





f0230888_20182206.jpg

f0230888_20184318.jpg
大きさは500円玉ぐらいかな?

そして、最後の週は千里中央へ。
オトカルテビルのユザワヤを目指す。
売り場が小さく、期待外れ。
やっぱりユザワヤは神戸ね。

オトカルテビルの中にあった雑貨店(Bleu Bleuet)
こんな物をみつっけ♬

とにかく小さいものが大好き。
サイズは横5.1センチ×縦8.5センチ
封筒メーカー(株式会社マルアイ)がまじめに作った小さい可愛い封筒のシリーズ
と書いてあって泣かせる。


f0230888_20322806.jpg
f0230888_20325169.jpg


HPがリンクできなかったので、写真を頂いた。
f0230888_20441648.jpg





[PR]
by jinoricup | 2017-03-21 20:45 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

ジョアンのパン

義妹が使い切れなかったと言って青春切符を2枚くれた。
夫と相談し、広島まで行くことにした。
それぞれ行きたい場所が違うので、広島駅で別れて自由行動。

今回は手芸店を回ってみた。
長らく行ってなかった「手芸のマキ」
駅から5分程度の所で、歩いて行く。
欲しい生地が見つからず、バスに乗って次のお店「ユザワヤ」へ。
ここでは、ココランドのネコ柄を購入。

夫とふくやで待ち合わせをして、
「酔心」でランチ。
(写真はHPより頂きました)
f0230888_11035816.jpg
f0230888_11064362.jpg



11時30分開店だが予約をしていなかったので、10分早く行って正解。
開店後の人が多かったこと。

ここから又自由行動。

アンデルセンの仮店舗を探して
コーンパンを買いに行ったら、
2~3ヶ月前から作っていないと言われてがっかり。
アンデルセンで一番好きなパンなのに・・・

シャレオの中にある「ウエスギ」に行くと
ここも11月末で閉店となっていた。残念!


三越まで引き返し地下で買い物。
ここでは「ジョアン」のパンを購入。
前回は人気のコーンパンを買ったが、
今回は以前購入して美味しかった量り売りのパンを購入。
5種類買って、食べ比べてみる。
ミニカヌレは今月限定だった様子。

個人的な感想はマカダミアナッツの入ったもちもちパンが美味しかった。
義妹とパン好きな娘にもお土産にする。
f0230888_10333094.jpg

f0230888_10335410.jpg
晩御飯に「うえの」の穴子弁当を購入。
三越地下ではイートインがあるので、
次回はそこで食べてみたい。

色々買い物を済ませ、駅で夫と待ち合わせをして帰路に就いた。
ちなみに夫は、平和公園へ行ったり、ココアを飲んだり
有意義に過ごせた様子。
義妹に感謝です。
ちょっと都会の空気を吸えました。



[PR]
by jinoricup | 2017-01-09 10:48 | お店紹介 | Comments(0)

紅葉を堪能

昨晩テレビで京都の寺院の紅葉が紹介されていた。
先日京都へ行きながらも時間不足で、
紅葉を見に行けなかったことが心残りだった。

「近場でどこかへ行かない?」
と夫に提案。
朝食後、PCで検索し、
二人とも近いのに行ったことがなかった三原の「佛通寺」に決める。

(ひろしま観光ナビから抜粋)
http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/sys/data?page-id=4076
応永4年(1397年)小早川春平が唐(中国)にわたって修行した名僧愚中周及禅師を迎えて建てた寺。
日本屈指の禅道場として知られ、企業や学校等の研修の場として多くの人が訪れる。
堂塔伽藍が古い杉木立に囲まれて立ち並び、夏の新緑、秋の紅葉時は、大変素晴らしく、多くの観光客で賑わう。
三原周辺の高速道路は高地のため、車窓から山間の紅葉が楽しめた。

さて、佛通寺から1㎞手前の駐車場から無料のシャトルバスが出ており、
車を広場に置いて乗り換えることに。

乗り換えて正解。道中は本当に狭い道があり、
マイクロバスのタイヤは川の路肩にギリギリ。
「怖かった」。
まあ、そこはベテランに運転手さん、
何事もなかったかのようにスイスイと・・・

寺の駐車場に到着。
ここからもう紅葉ずくし。



f0230888_12515453.jpg


f0230888_12553874.jpg





f0230888_12560669.jpg

一番レフのカメラを持った方が沢山。


f0230888_12563947.jpg



趣のある境内。
f0230888_12542682.jpg


f0230888_12582682.jpg


f0230888_12595371.jpg


カフェコーナーにて、
コーヒーセットもあったけど、
抹茶セットをお願いした。
窓からの紅葉を楽しみながら
ティータイム。


f0230888_13025342.jpg


f0230888_13005452.jpg


セットのお菓子が中屋さんの「くじら羊羹」とは粋。
好物なので、嬉しかった。
やっぱり花より団子の私。


最後にこちらの紅葉↓は車を止めた所で撮ったもの。
鮮やかな赤に思わずパチリ。
f0230888_13154206.jpg


そうそう、シャトルバスの駐車場では、女性会らしき皆様が、
色々販売されていて、私は焼き芋を買ったけど、
焼き方がレトロで、気に入った。



f0230888_13185611.jpg
f0230888_13321394.jpg



[PR]
by jinoricup | 2016-11-20 13:09 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

とよまつ紙ヒコーキ・タワー

連休で、大阪から孫たちがやって来た。
昨年も行って喜んだ道の駅 さんわ182ステーション
道中は新緑が美しく、山間の藤を楽しめた。
孫たちは道の駅隣接の公園にあるターザンロープに夢中で、
何度も乗って堪能した。

でも、もう一か所どこかへ連れていきたい。
昨年はファミリーパークへと
公園の梯子をしたが、
今年は三和から車で35分程度、豊松にある
とよまつ紙ヒコーキ・タワーへ行った。


f0230888_19315734.jpg

先ずは一階で紙飛行機を折るところから始まる。
入場料300円で一人5枚渡された紙で真剣そのもの。
紙は放っておいても自然に帰るという優れものだそうです。
f0230888_19180117.jpg

ここの施設は360°大パノラマの展望台から雄大な山々を目指し紙ヒコーキを飛ばすことができますという謳い文句の通り、
素晴らしい眺め。

ネットによる施設の説明では
標高663メートル、米見山(よなみやま)山頂公園の中央に高さ26メートルの紙ヒコーキ・タワーがあります。このタワーの15メートル位置には展望台があり、遠くに大山や道後山、比婆山連邦なども望め、紙ヒコーキも飛ばせる世界でも珍しいタワーです。



f0230888_19405574.jpg


f0230888_19505707.jpg

窓から下を見た景色
f0230888_19515872.jpg

窓枠の上に山の表示があり、景色と重ね合わせて見ることができる。
f0230888_19412051.jpg

日頃都会生活なので、ちょっと違う日常を送れたかな?
ママと一緒に新幹線で帰阪。
孫たちは「又大阪へも遊びに来てね」といつまでも手を振って別れを惜しんでくれた。




[PR]
by jinoricup | 2016-05-05 19:52 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

なにわ淀川花火大会

息子家族の招待で、「なにわ淀川花火大会」へ行った。
60万人と言われる人出で、十三駅は大混雑。
そこから淀川の会場までも人に溢れていたが、会場まで来たらあまりの人の多さにびっくり!
もう隙間無く人で埋め尽くされていた。


f0230888_19351625.jpg


お弁当とお茶が付いている入場券を取ってくれていて、
先ずは腹ごしらえ。
椅子に座って見れたのも有難い。

f0230888_19391729.jpg


松井知事、橋本市長の挨拶があり、
税金を使わず、企業の寄付ボランティアによって大会が開催されたことを知る。

さてさて、田舎者なので地元の花火大会しか知らなかったのだが、
さすが大都市大阪、

打ち上げ数は非公開となっているが、
ネット情報によると2万発とのこと。
50分余りの時間、エンドレスで息つく暇もなく
怒涛のような花火。
大迫力。
感動しました!!


f0230888_19525871.jpg

f0230888_19532600.jpg

私が撮った写真より
こちらに「動画」あった。
2013年のもので、今年のものではないが、臨場感は伝わってくる。
2015年もYoutube等では紹介されている。



[PR]
by jinoricup | 2015-08-10 19:54 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

チューリップ祭り

作朝、思い立って「中国やまなみ街道へ行ってみよう」と
夫と出発。
上下あたりで、この辺で降りようかと降りたところ、
「チューリップ祭り」の立札が・・・

立札に誘われるまま、世良高原農場のチューリップ祭へ。

圧巻のチューリップでした!


f0230888_21580437.jpg


f0230888_21595293.jpg

f0230888_21590067.jpg

f0230888_22005512.jpg
    

f0230888_22014409.jpg

そして我が家へ連れて帰ったチューリップがこちら。↓
このプランターが1000円は嬉しい♪


f0230888_22044428.jpg


f0230888_22040627.jpg





[PR]
by jinoricup | 2015-04-26 22:05 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

宮島へ

今年の春の青春切符は世界遺産めぐりとなった。
昨日、夫と出掛けた。
朝7時14分発の下りは乗り換えなしで宮島まで直行できる。

沿線沿道には、あちらこちらと沢山の満開の桜。
本当に日本は桜の国だなと実感。
咲いたよ、咲いたよと言わんばかりの桜を愛でながらの往復だった。
車窓からの景色がゆっくり楽しめるのも鈍行列車ならでは。


f0230888_21592580.jpg






f0230888_21374446.jpg



f0230888_21381622.jpg



f0230888_21384107.jpg



朝が早かったので、人が未だ少なく、ゆっくりと過ごせた。

さてさて宮島を散策した後は
「藤い屋」で焼き立てもみじ饅頭を頂いた。
兄から藤い屋のあんこは、小豆の皮をむいで炊くという特別の製法と聞いていたが、
あんこが上品で美味しい。
焼き立ては滅多に食べれないので、宮島に行ったら必ず食べることにしている。



f0230888_21492621.jpg


昼頃にフェリー乗り場に着いたら、乗り場から駅までぎっしり続く行列にびっくり。
早く行って良かった♩

広島まで帰り、「酔心」の本店で釜飯を頂く。
価格もリーズナブルでアツアツの釜飯。
美味しかったですよ。




[PR]
by jinoricup | 2015-04-03 21:57 | 暮らしの中で・・・ | Comments(2)

久々の鞆

暫くご無沙汰していた鞆へ、夫とランチに行く。
ひな祭りイベントが終了したので、少し静かになっているかなと思ったが、
やはり行楽の時季、観光バスが次々到着。
人混みを避けて、隠れ家的な「鞆町カフェー454」へ。
ここは鞆には珍しく駐車場が併設してあるのが嬉しい。

イタリアンにしてはあっさり目なのが良い。美味しく頂いた。

f0230888_19335630.jpg
f0230888_19340977.jpg

食後は「カラフル小物 彩華」へ。


f0230888_19374861.jpg

ベトナムコーヒーを頂く。
出していただいたのは、w・wの「チャーンウッド」
嬉しいですね。
クッキーも美味しく、これで350円はリーズナブル。

f0230888_19383748.jpg





  この日はいつも通らない道を散策。ネコが一杯いましたよ。ここにも一匹。見えるかな?

f0230888_19425273.jpg





[PR]
by jinoricup | 2015-03-30 19:44 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

青春切符で姫路城

時候が良くなったので、どこかに行こうということになり、
時間がたっぷりあるので青春切符を購入。
色々考えた末、今回は夫とグランドオープン前の「姫路城」へ行った。
調べてみたらグランドオープンには整理券が15000枚配られるとのことで、
そんな人混みは苦手なのと、大天守は何回か見ているし、桜の時期にも行っているため
オープン前の静かな時を選んだ。
今回はデジカメを持参しなかったので、携帯で撮った2枚の写真だけで、画像が悪い。
白の漆喰がまぶしいばかりに化粧された姫路城。

f0230888_14455834.jpg
f0230888_14460417.jpg


大天守は見学できなかったが、城内の千姫の居た所である、「西の丸長局(百間廊下)」と「千姫化粧櫓」を初めて見学した。
300mもある廊下。400年近く前に千姫やその侍女たちが暮らしていた場所。
しばしタイムスリップして千姫の一番幸せだったその頃に想いをはせて楽しんでみた。
この化粧櫓は、徳川家康の孫の千姫に持参金として10万石が贈られ
そのお金で建てられとものという説明をガイドさんから受けたが、
今のお金にして約50億だとか。
ため息がでました!


間近で見た大天守登閣の石垣が素晴らしく、この立派なお城を見学に来た
大勢の外国人も写真を撮っていた。
まさに世界遺産と呼ぶべき日本のお城だと再確認。
昨日の桜は未だ蕾だったが、開花したら一段と素晴らしいだろうなと思いながら
姫路城を後にした。

その後は三宮で食事や買い物を楽しみ、帰路に就いた。


[PR]
by jinoricup | 2015-03-25 15:29 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

尾道 「宮徳」

朝一番で寄ったのは
「ええじゃん尾道」
地元の食材、果物があって、楽しいかなと思って二人をお連れしたが、
結構楽しんでもらえた様子。

尾道の見どころは何と言っても「千光寺」
それも桜。
桜も無いし、雨。
この時期はどうかなと思ったけれど、
千光寺以外が思いつかなくて・・・
頂上から尾道水道を展望してもらっただけで、終了。

そこからうさぎさんと合流して、「宮徳」へ。
せいろすしが美味しいし、珍しいかなと思って、この店にしたが、
気に入ってもらえて良かった。

ホームページによると、
「江戸時代より伝わるうるし塗りの漆器」
器も江戸時代より伝わるうるし塗りの漆器で、
半年に一度は越前塗りの里、福井県鯖江で塗り替えをされているとのこと。
そんなメンテナンスを続けながら今に伝わっているということが凄い!
まさに漆の国「ジャパン」


f0230888_16142500.jpg
f0230888_16143615.jpg

木曜日で定休が多く、アーケードの散策は残念だったが、
帰路にお茶にした老舗の画廊喫茶孔雀壮」
    ギャラリーに展示してあったお人形を楽しませてもらった。

    写真は割愛したが、ここではロイヤルコペンハーゲンのカップ。
    友人二人はロイヤルミルクティーを注文したが、「美味しい!」と歓声が・・・

    最後は駅裏の福山美術館にご案内して、ガイド終了。
         楽しい再会でした。


[PR]
by jinoricup | 2014-12-06 16:36 | お店紹介 | Comments(0)

お気に入りの場所や日々の暮らしで感じたこと、ビニールコーティング加工のバッグ等の作品や趣味のカップコレクションの紹介をしています。


by jinoricup
プロフィールを見る
画像一覧