今日のケーキ教室は「如稲」さんのお弁当

朝からシフォンケーキの話で盛り上がる。
一昨日届いたシフォンのパッケージ。
よく読まずに購入したら、20センチの焼き型では使えないと分かった。
私の周囲では20センチが主流なのだが、世の中は17~18センチが主流らしい。
ならばと、そのパッケージに合う17センチの焼き型を購入することにした。

義妹に話したら、トールシフォン型なるものがあって、
これだと20センチのシフォンの高さがキープできて、
尚且つ、ヘッズで40枚も購入したシフォントレイが使えると分かった。

トールシフォン型はかっぱ橋の浅井商店のオリジナルとのこと。
なかなかの人気だそうで、プレゼントにピッタリかも。
水彩画教室の仲間に話したら、私も私もということになり、
7個も注文した。

今から到着が楽しみ。

さて、今日のランチは如稲
いつもながら美味で満足。

f0230888_21081902.jpg


そして、ケーキタイム

f0230888_21090269.jpg




f0230888_21092526.jpg



                          本日も花より団子でした!


[PR]

# by jinoricup | 2015-06-22 21:10 | 水彩画教室 | Comments(0)

ケーキバッグ

先日注文を受けたケーキバッグが出来上がったのでアップ。
YUWAマカロンの柄を4個という指定だったけど、
同じものばかりは面白くないので、他の柄でも作ってみた。
     先ずはこちらのマカロン柄、
最初、こんなバッグがあったら便利かなと
自分で使うために作ったら評判が良くて、最近は定番となったケーキバッグ。
このバッグに限らず、ほとんどのバッグは自分のオリジナル。
と言うか、教えてくれる人がいないので、独りで工夫しながら適当に作ってしまう。


f0230888_19375231.jpg

内側はこんな感じ。
ケーキやお惣菜のケータリングに便利。
重いものでも大丈夫のように
2.5センチの持ち手をつけてみた。
f0230888_19393810.jpg


ネコ柄で

f0230888_19531067.jpg



f0230888_19543700.jpg
こちらのケーキバッグはグリーンがお好きな方からの注文で・・・
気に入ってもらえるかしら・・




f0230888_19561575.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2015-06-19 19:57 | ビニールコーティング | Comments(0)

居るだけでいい?

コレクション整理で、毎日のように落札があって、4.5月中に二十数点の取引が成立した。
まだまだ続いているが、意外なことにシルバー類は売れ行き好調でほとんど片付いた。
洋食器の方が人気無くて、今ちょっと一段落。

ところでジノリのフィレンツェのワインクーラー。
10年間、一度も使わなかったので、出品することにしたが、
友人たちは「見るだけでいいんじゃない?」「そこに居るだけでいいよ」
なんて、言う。
でもやっぱり使って下さる方にお譲りしたい。
で、先ほど記念写真を撮った。

ネット検索してみると、鉢カバーに使ったり、ワインクーラーにして使ったり
それぞれ楽しみ方があるみたい。




f0230888_14100024.jpg



  出品するつもりで、出窓においていたこのワインクーラー。
  昨日うさぎさんが花を持って来てくれたので、初めて花器として使ってみた。
  う~~~ん、やっぱり素敵!
          出品するのは見送りましたっ!




f0230888_21101055.jpg



f0230888_21104976.jpg



ブログを見たネムさんから、「私も持っている」よって写真が送られきた。
貼っても良いって了解してもらったので、こちらへ貼りますね。

さすがジャスパー貫禄ありますよね。
ゴージャス!


f0230888_15383907.jpg



        追記 
             先週の水彩画教室の日に描いてみました。
              未だ仕上がっていませんが・・・


  
f0230888_19313174.jpg



ケーキタイムは
大倉のローズで・・・


f0230888_19323097.jpg
            



[PR]

# by jinoricup | 2015-05-30 14:12 | 洋食器 | Comments(2)

忙しい毎日

好きで忙しくしているとしか思えないのだけど、
今週はうさぎさんご夫婦と一緒に出雲大社への楽しいお出かけ。
その合間にオークションの出品や送り。
勿論自分の欲しいものをチェックするのも余念がない。

家事や買い物孫の世話をしながら、来客も結構多い。
その合間を縫って縫物。
今、注文も色々あって、ボチボチ縫っているところ。

今日は注文のトートーバッグ。
縫いました!やっぱり楽しい060.gif060.gif

f0230888_10450442.jpg

f0230888_10444540.jpg




f0230888_10445383.jpg


[PR]

# by jinoricup | 2015-05-30 10:45 | ビニールコーティング | Comments(0)

甚ごろうのお弁当

今週の水彩画教室のランチは、「甚ごろう」のお弁当を久々にお願いする。
お洒落な盛り付けで、味も良く、メンバーに喜んでもらう。
大好評!でした。
何しろ、私たちの教室は毎回「花より団子」
先生には申し訳ないが、本当にやる気のない?生徒ばかり♩
なので、○○展と名の付くところへ、誰も出品経験無し。
と、言うか残念ながら誰も目指していない。



f0230888_17065208.jpg



f0230888_17071670.jpg


f0230888_17075284.jpg


f0230888_17083104.jpg


そして、ケーキは大好きなジノリのフイレンツェでセッティング

f0230888_17095525.jpg


f0230888_17102052.jpg


f0230888_17104199.jpg


[PR]

# by jinoricup | 2015-05-26 17:12 | 水彩画教室 | Comments(0)

カップ柄

カップの図柄を見ると心が騒ぐ。
そうは言ってもなかなか気に入った図柄との出会いは少ない。

今回はYUWAさんから出た「スイーツロンドコレクション 」。
ネットで見ただけでは決められなくて、
前回来阪した際、セッセで実物を見て選んだのは、ピンク。
6色の中から選んだ。


ポーチは生地のどこで切り取るかで表情が変わる。
色々試作して、しっくりくる位置を探す。

f0230888_13470694.jpg


f0230888_13480968.jpg





[PR]

# by jinoricup | 2015-05-21 13:50 | ビニールコーティング | Comments(0)

ジュリエッタ水彩画展 

第6回となったジュリエッタ水彩画展を5月中、「鷹や」にて開催している。
定休日は毎週の月・火となりますが、
5月6日(水)は臨時休業。
5月24日(日)は午後臨時休業。

一昨年はクリスマス、昨年はお雛さまとテーマを決めての出展だったが、
今回はバラの小作品。
作品は室内で描いたものがほとんど。

佐藤先生のスケッチは、隣室に飾ってあります。

来店の折には是非見て行って下さいね。


f0230888_16554574.gif


10点展示。


f0230888_15394491.jpg



玉枝先生は スケッチ「冬の芦田川」でしたが、
5月17日に絵を入れ替えました。


f0230888_15514273.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2015-05-12 10:06 | 水彩画教室 | Comments(0)

シルバーの整理

一時期夢中で集めたアンティークシルバーも毎日使うスプーンやフォーク以外は
ほとんど出番がなく、
そうなると磨かずに放置。
それならば、喜んで使って下さる方にお譲りした方が良いかと。
既に出品したもの、これから出品するものと色々。

f0230888_11585525.jpg

f0230888_11575309.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2015-05-10 11:59 | アンティーク | Comments(0)

バラの柄でペットボトルカバー

従姉からバラの柄でペットボトルケースが欲しいという依頼があり、
新作を含めて色々縫ってみた。



f0230888_12050831.jpg


f0230888_12053589.jpg



f0230888_12054510.jpg




f0230888_12055555.jpg






[PR]

# by jinoricup | 2015-05-08 12:06 | ビニールコーティング | Comments(0)

組み合わせを楽しむ

以前より、時々生地の組み合わせを楽しんでいたが、
一番の悩みは組み合わせる生地の種類の少ないこと。
色のトーンや、素材の持つ雰囲気など、
なかなか思ったような生地が見つからない。

以前より良くならないと、
組み合わせる意味がないと思っている。
で、思った以上によい作品になると
何だか嬉しい♪楽しい♪



f0230888_19402689.jpg


f0230888_19421776.jpg



f0230888_19410276.jpg



f0230888_19422434.jpg


[PR]

# by jinoricup | 2015-05-01 19:42 | ビニールコーティング | Comments(0)

スプーンを買ったので・・・・

カレー用にステンレスのスプーンを買う。
ネットで検索して色々迷ったが、カイ・ボイスンのカトラリーを選んだ。
艶消しのマット仕上が気に入った。

ネット情報ではデンマークのクラフトデザイナー・Kay Bojesen(カイ・ボイスン)が、
1938年にデザインしたカトラリーで、デンマーク王室で使われている、とのこと。

良くわからず、ディナー用を購入したら、女性には大きすぎて戸惑ってしまった。
交換ができたので、デザートスプーン(つや消し) 172mmにしてもらい届く。
やれやれ!!この大きさで十分。
やはり海外のディナー用はサイズがビッグだわ。

で、スプーンを買ったので、カレーを作った。

f0230888_16154222.jpg

f0230888_16153246.jpg

f0230888_16155723.jpg




午後は鷹やさんへ搬入したので、短時間でF0の小作品を描く。
うさぎさんが準備してくれた可愛いお花で・・・




f0230888_16195107.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2015-04-28 16:21 | 水彩画教室 | Comments(0)

お気に入りのシルバー

私はアクセサリーを見ても心が弾まないが、
実用的で可愛いシルバーには心が動かされる。
見ているだけで楽しい。

そんな私のちょっと自慢でお気に入りだった、こちらのシュガーポット。
2個持っていたが、1個手放すことにした。

このシュガーポットを初めて見た時の感動がよみがえる。
でも、まあ十分楽しんだ。
他の人にも楽しんでもらえたら嬉しい限り。
小さい方を1個を手元に残し、一回り大きい方を出品予定。
金額を付けるのが、一番難儀。


この大きさが分かるかしら。直径5センチぐらいの大きさ。
カップと並べてみる。


f0230888_22145717.jpg

f0230888_13054945.jpg



f0230888_13061537.jpg




f0230888_13063408.jpg






[PR]

# by jinoricup | 2015-04-26 22:19 | アンティーク | Comments(0)

チューリップ祭り

作朝、思い立って「中国やまなみ街道へ行ってみよう」と
夫と出発。
上下あたりで、この辺で降りようかと降りたところ、
「チューリップ祭り」の立札が・・・

立札に誘われるまま、世良高原農場のチューリップ祭へ。

圧巻のチューリップでした!


f0230888_21580437.jpg


f0230888_21595293.jpg

f0230888_21590067.jpg

f0230888_22005512.jpg
    

f0230888_22014409.jpg

そして我が家へ連れて帰ったチューリップがこちら。↓
このプランターが1000円は嬉しい♪


f0230888_22044428.jpg


f0230888_22040627.jpg





[PR]

# by jinoricup | 2015-04-26 22:05 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

アンティークシルバー 第2弾

アンティークのカトラリー。
整理したら未だ未だあって、少しづつ出品。

本日の出品はこちらのバターナイフ。

創業1919年。西ドイツの「クリストフ・ウィドマン(CHRISTOPH WIDMANN )」のもの。
その中でも代表的なのがヒルデスハイムローズと言われてるデザイン。
同社のシンボルのようなラインと言われている。

初めてこのバラが付いたスプーンを見た時の感動。
夢中になって色々コレクションを楽しんだ。

お気に入りで今回手放せないものもあるが
使わなかったもの、楽しんだものなど、順次ヤフオクへ出品。


f0230888_18591010.jpg
dl



そして、こちらはマザー・オブ・パールのナイフ&フォーク
鍵付きの木箱なんて、大事にされていたのだろう。


f0230888_08301466.jpg
9お




f0230888_08304950.jpg



f0230888_08311062.jpg




実は眺めただけで十年が経過。
このまま持っていても使う機会はなさそう。
今回出品する予定。

アメリカからの個人輸入したもので、
マザー・オブ・パールの持ち手。
1850年から1899年というセラーの説明だった。

シルバープレートなので、そんなには高価ではなかったものの、
それなりに・・・。
マザーパールの持ち手に魅せられてゲット。
ケーキセットやデザート用の小ぶりなサイズが欲しくて探していたので、
その出会いに感謝。
眺めるだけでも随分楽しませてもらった。
でも使って頂ける方のところへお譲りしたい。

今回良く見たらナイフの刃がこんなにギザギザとは・・・



f0230888_08253737.jpg






[PR]

# by jinoricup | 2015-04-23 14:27 | アンティーク | Comments(0)

アンティークシルバー


アンティークのカップは繊細。
ステンレスのスプーンでコーヒーをかき混ぜると陶器に傷が付きやすいと知り、
シルバーのスプーンから始まったアンティークシルバーのコレクション。
もう10年以上も前のこと。
シルバーならではの細工も素晴らしく、はまりました!

随分沢山買ったのは良かったけれど、買ったまま引き出しの中に眠っているものが一杯。
思い切って整理することにした。
本当は見ているだけでも幸せな気分になるのだが、
それにしても数が多い。
今回オークションに出したのはこちら。
一度に全部は体力的に無理なのでボツボツと。



f0230888_13052558.jpg


シルバーのこんな細工にしびれる。
f0230888_20413498.jpg

f0230888_20450907.jpg






[PR]

# by jinoricup | 2015-04-19 13:35 | 洋食器 | Comments(8)

久々の賄い料理

最近は滅多に賄い料理を作っていなかったが、
時候も良く、テーブルクロスを取り換えたら、料理を作りたい気分
と、言うことでランチを作る。

ポテトと玉ねぎ、マカロニ、アンチョビを入れてグラタン。
それに、春キャベツのトマトスープ。
味はともかく、野菜がたっぷりと言うとところで、喜んで頂く。

f0230888_20170465.jpg
f0230888_20172859.jpg


f0230888_20201921.jpg
そして、ケーキタイム


f0230888_20210263.jpg

f0230888_20211525.jpg






[PR]

# by jinoricup | 2015-04-13 20:22 | 水彩画教室 | Comments(0)

さくら会お花見は「気音間とも」のお弁当で。

花冷えの今夜、さくら会のメンバーで
恒例のお花見会をした。

残念なことに、少し散ってしまったお花を眺めながら
でも花より団子、花よりお喋りで楽しんだ。


ライトアップされた一週間前の夜桜。


f0230888_21381797.jpg



f0230888_21390210.jpg


ところで、今夜のお弁当は
気音間とも
先週の水彩画教室に来宅されたともさんに
「お弁当は作ってもらえないのかしら」と尋ねたら、
「配達はできないけど、取りに来てもらえるなら作ることはできる」
と言われて大喜び。

さすがともさん、
見た目も綺麗。一つ一つ手作りの味。
薄味で出汁がよく効いていて、どのおかずも本当に美味しかった。
ローストビーフや鰆の刺身も美味。
品数も多く、たっぷり野菜が食べれた。
又来年もお願いしたいもの。
さくら会の皆にも大変喜ばれて、良かった、良かった060.gif


f0230888_21402939.jpg

f0230888_21404095.jpg







[PR]

# by jinoricup | 2015-04-08 21:56 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

宮島へ

今年の春の青春切符は世界遺産めぐりとなった。
昨日、夫と出掛けた。
朝7時14分発の下りは乗り換えなしで宮島まで直行できる。

沿線沿道には、あちらこちらと沢山の満開の桜。
本当に日本は桜の国だなと実感。
咲いたよ、咲いたよと言わんばかりの桜を愛でながらの往復だった。
車窓からの景色がゆっくり楽しめるのも鈍行列車ならでは。


f0230888_21592580.jpg






f0230888_21374446.jpg



f0230888_21381622.jpg



f0230888_21384107.jpg



朝が早かったので、人が未だ少なく、ゆっくりと過ごせた。

さてさて宮島を散策した後は
「藤い屋」で焼き立てもみじ饅頭を頂いた。
兄から藤い屋のあんこは、小豆の皮をむいで炊くという特別の製法と聞いていたが、
あんこが上品で美味しい。
焼き立ては滅多に食べれないので、宮島に行ったら必ず食べることにしている。



f0230888_21492621.jpg


昼頃にフェリー乗り場に着いたら、乗り場から駅までぎっしり続く行列にびっくり。
早く行って良かった♩

広島まで帰り、「酔心」の本店で釜飯を頂く。
価格もリーズナブルでアツアツの釜飯。
美味しかったですよ。




[PR]

# by jinoricup | 2015-04-03 21:57 | 暮らしの中で・・・ | Comments(2)

ajinoparis アジノパリ

昨日の水彩画教室でケーキの先生から教えてもらったパンやさん。
「ajinoparis アジノパリ」
パンには目の無い娘に電話して早速一緒に行ってみる。
最近できたばかりというお店は
「島谷病院の前、クジラの看板のあるガソリンスタンドの裏側よ」と聞いて行くが、
直ぐ分った。




f0230888_13313834.jpg

毎回どこでもそうだけど、ここでも許可を得て写真を撮る。
快諾頂いた。

f0230888_13325482.jpg

f0230888_13372887.jpg


取りあえず、クロワッサンや、パイ生地のパン、ブドウパン、食パンを購入。
クロワッサンは生地がぱりぱりしていて美味しかった。
ブドウパンはしっとりもっちりしっかりとした味わい。
ブドウパン大好きな私の好物になりそう。


[PR]

# by jinoricup | 2015-03-31 13:37 | お店紹介 | Comments(2)

松永町 「みかげ」

義妹と一緒に松永の「蔵」へ。
うさぎさんと待ち合わせをしてゆっくりした後、
ランチをしようと「光哉」へ行くが、
生憎貸切。
ならばと久々に松永駅近くにある「みかげ」へ。
いつも人気でお店前の駐車場は一杯。
でも心配ない。
直ぐ横のニチエーの一角に第2駐車場がある。

うさぎさんに紹介されて何度か一緒に行ったお店だが、
義妹は初めて。
ランチメニューもリーズナブルで色々あるが
いつものお会席弁当(梅)を注文。
この品揃えで1100円。
とんかつ半枚付いているこのメニューは和洋折衷。
このバランスが良い。

義妹にも喜んでもらえて美味しく頂いた。



f0230888_12570684.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2015-03-31 12:58 | お店紹介 | Comments(0)

今日もバラ

今日は水彩画教室。
朝、「ふじわら」へ花を買いに行き、
ロイヤルクラウンダービーのロイヤルアントワネットのカップと一緒に描く。


f0230888_20170989.jpg


コーヒータイムはオールドノリタケのプレートで
f0230888_20175058.jpg

f0230888_20192216.jpg



                  水彩画のバックの色は毎回悩む。
                  先生のアドバイスを頂いて、日頃使わないバックの色に挑戦。

  
f0230888_13062839.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2015-03-30 20:20 | 水彩画教室 | Comments(0)

持ち手が・・・

INAZUMAの取っ手は大好きで、常用している。

でも、こちらのタイプの持ち手は手縫いとなる。
時々捻じれてしまって、失敗することもあり、
取り付けに時間も掛かるので、注文は勘弁してもらっている。

でも出来栄えが良いので、ぶつぶつ言いながらも自分用には時々使う。

先日も取り付けに失敗したバッグをリメイク。
取っ手を外すと穴が開いているため、切り取って別の生地をたし算。
この生地の組み合わせを考えるのが大好き。
f0230888_20035086.jpg
                    外した取っ手は、大きすぎるポーチにつけてみた。
                     どちらも蘇って大満足。


f0230888_20040019.jpg
  
f0230888_20045354.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2015-03-30 20:08 | ビニールコーティング | Comments(0)

久々の鞆

暫くご無沙汰していた鞆へ、夫とランチに行く。
ひな祭りイベントが終了したので、少し静かになっているかなと思ったが、
やはり行楽の時季、観光バスが次々到着。
人混みを避けて、隠れ家的な「鞆町カフェー454」へ。
ここは鞆には珍しく駐車場が併設してあるのが嬉しい。

イタリアンにしてはあっさり目なのが良い。美味しく頂いた。

f0230888_19335630.jpg
f0230888_19340977.jpg

食後は「カラフル小物 彩華」へ。


f0230888_19374861.jpg

ベトナムコーヒーを頂く。
出していただいたのは、w・wの「チャーンウッド」
嬉しいですね。
クッキーも美味しく、これで350円はリーズナブル。

f0230888_19383748.jpg





  この日はいつも通らない道を散策。ネコが一杯いましたよ。ここにも一匹。見えるかな?

f0230888_19425273.jpg





[PR]

# by jinoricup | 2015-03-30 19:44 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

お勧めのお店 「ごはん家 うさぎ」

お店の雰囲気が女性向き。
小鉢に上品に盛られた野菜が色々食べれるのが嬉しい。
以前は女性同士でたまに伺っていたが、
最近夫と一緒にランチに行ったら、とても気に入ってくれて、
度々行くようになったお店。
それが ごはん家うさぎ

味付けが私達の好みに良くあって、美味。
メインの魚やお肉は3~4種類からチョイスできるのも有難い。
今日は午後からの用事があったので、デザートのケーキは割愛したが、
チーズケーキがお勧め。

茶わん蒸しの写真を取り忘れ!


f0230888_16001369.jpg


f0230888_15560064.jpg
f0230888_15564142.jpg

f0230888_15565574.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2015-03-25 16:00 | お店紹介 | Comments(0)

青春切符で姫路城

時候が良くなったので、どこかに行こうということになり、
時間がたっぷりあるので青春切符を購入。
色々考えた末、今回は夫とグランドオープン前の「姫路城」へ行った。
調べてみたらグランドオープンには整理券が15000枚配られるとのことで、
そんな人混みは苦手なのと、大天守は何回か見ているし、桜の時期にも行っているため
オープン前の静かな時を選んだ。
今回はデジカメを持参しなかったので、携帯で撮った2枚の写真だけで、画像が悪い。
白の漆喰がまぶしいばかりに化粧された姫路城。

f0230888_14455834.jpg
f0230888_14460417.jpg


大天守は見学できなかったが、城内の千姫の居た所である、「西の丸長局(百間廊下)」と「千姫化粧櫓」を初めて見学した。
300mもある廊下。400年近く前に千姫やその侍女たちが暮らしていた場所。
しばしタイムスリップして千姫の一番幸せだったその頃に想いをはせて楽しんでみた。
この化粧櫓は、徳川家康の孫の千姫に持参金として10万石が贈られ
そのお金で建てられとものという説明をガイドさんから受けたが、
今のお金にして約50億だとか。
ため息がでました!


間近で見た大天守登閣の石垣が素晴らしく、この立派なお城を見学に来た
大勢の外国人も写真を撮っていた。
まさに世界遺産と呼ぶべき日本のお城だと再確認。
昨日の桜は未だ蕾だったが、開花したら一段と素晴らしいだろうなと思いながら
姫路城を後にした。

その後は三宮で食事や買い物を楽しみ、帰路に就いた。


[PR]

# by jinoricup | 2015-03-25 15:29 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

注文のバッグ

自宅へ訪ねて来る親類、友人、知人から
こんなバッグが欲しい、探しても無いサイズだからと
色々な注文が入る。
先々週から頼まれていたのに、バタバタとしていて昨日やっと縫った。

こちらの手提げバッグは「高齢の母親が使うので」と言われてサイズ指定で縫ったもの。
ポケットを付けて、上にホックを付けて欲しいという注文。
YUWAの生地は色使いがお洒落。


f0230888_11284715.jpg

f0230888_11285981.jpg

f0230888_11291439.jpg

そして、もう一枚はキャリーオンバッグ。
柄を選んでもらってこちらの生地で縫ったが、
気に入ってもらえるかしら。

f0230888_11292742.jpg

f0230888_11293647.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2015-03-12 11:33 | ビニールコーティング | Comments(0)

はらぺこあおむし

先週末大阪へ行った時、
義娘が誘ってくれたので、一緒にデパートへ繰り出す。
やっぱり阪急の「セッセ」。
今回はYUWAのブースで欲しいラミネートが見つからず、
隣接しているコッカで「はらぺこおあむし」のラミネート生地を購入。

絵本のキャラクーを生地にして売っているものは
滅多におめにかからないが、
可愛い色合いだったので、喜んで購入。
絵本の生地は数年前の「11ぴきのねこ」以来かな。

義娘にどんな物が欲しいかと尋ねたら
ペンペースというので、了解して帰宅。
商用不可の生地なので、プレゼントオンリー。

ところで、翌日近くの手芸店「手芸のハグルマ」へ行ったところ、
同じ生地がお店にあったことが判明。
ショック!!
キャラクター生地置き場の品物は見逃しているよね。

で、わざわざ大阪から持ち帰ったのに~~~
と恨み言を言いながらもう1m買いましたよ。

ポーチを縫って皆にプレゼントしたいな♪


f0230888_13343839.jpg
f0230888_13350443.jpg






[PR]

# by jinoricup | 2015-03-08 13:38 | ビニールコーティング | Comments(0)

漆器の話

「お椀」は漆器を使ってほしい。
プラスチックでも良いではないかと言われそうだが、
後世に残したいものがあるとしたら、
私にはそれが漆器だから。
          ↑
(ブログで紹介した角伊三郎さんのお椀をリンク)

歴史を遡ると、
欧米において「Japan」はまさに「漆」という意味だったのだ。
その理由を素人の私がくどくど語るより
ネット検索したら素晴らしいサイトがあったので、紹介したい。

NPO法人いわて芸術文化技術共育研究所のホームページ「うるしとわたしたちのくらし」
(私たち日本人が漆とともに暮らしてきた九千年にも及ぶ長い歴史をコンパクトにまとめたもので、
主に小学校高学年から中学生とその指導者を対象としていますが、
生涯学習などを通して広く一般の方々にもご利用いただける、親しみやすい教材です。)


世界でも一番良質とされている日本の漆。
世界が認めた日本の漆芸品の技量。
だが、普段の生活の中で、本物の漆器を使っている人は確実に減ってきている。
素晴らしい、誇らしい伝統が先細りしていくのは忍びない。

なので、日本人ならもっと漆器を使って欲しい。
手の中に入った時の感触の心地よさ。
漆器の特徴である軽くて丈夫で美しい、使い良さ。
もっともっと世の中の人々に漆器の良さを知って欲しいと願っている。

十数年前骨董店で購入したお椀。
お雛様の絵が楽しくて眺めるだけで幸せ。

f0230888_20525344.jpg

f0230888_20481679.jpg



こちらも骨董。
当時は高額だったのだろうが、需要と供給の関係だろうか。
骨董の漆器は安価で買える。
f0230888_20495408.jpg


f0230888_20500403.jpg



 ケーキ皿で、以前使った写真をもう一度アップ。
↑の銘々皿はロイヤルクラウンダービーの手描きのカップ「ジャパン」と相性が良い。
  こちらも骨董品。
f0230888_20502388.jpg

オールドノリタケのカップ
f0230888_17080071.jpg



二十年前ぐらいに漆器の専門店「亀川」で求めた
箱瀬淳一さんの重箱。
蒔絵と溜塗りに魅了される。

                       
f0230888_21510789.jpg


[PR]

# by jinoricup | 2015-03-06 21:03 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

漆芸家 太田修嗣

この時期、お雛様を飾られているだろうなと
友人と一緒にOKADA邸を訪れる。
可愛いお雛様は玄関にひっそりと鎮座して、
今年も優しく迎えてくれた。

f0230888_15202814.jpg

こんな素朴なお雛様も・・
いつのものか誰の作品か聞くのを失念。

f0230888_15214221.jpg


久しぶりにオーナーのMさんと食器の話となった。
年齢的なものもあって、「手に持つと軽いので、漆器を常用している。
丼も水炊きの取り皿も漆器だ」と話すと
Mさんには長らく使ってない大椀があるとのこと。
使ってないなら譲ってもらえないかとおねだりしたら、
本当にお安く譲って頂くことができた。
今日我が家に嫁いできた太田修嗣さんの大碗。


とても嬉しい!
Mさん、有難う♩


f0230888_15332518.jpg

f0230888_15334539.jpg


うどん用の丼と比べると
ちょっと小ぶりだが、
実だくさんの汁物には重宝しそう。
勿論うどん用にも使えそう。



f0230888_15510669.jpg


ここで俄然太田修嗣さんの塗り物の話で盛り上がる。

もう十数年前にギャラリーで購入していたものだが、
これらの茶托は出番が多く、大事に使っている。
なんと、左上の塗皿は
同じものを持っていて、びっくり。
太田さんの漆器は堅牢。
ちょっと素朴で味わいがある。
毎日使っても飽きがこない。
ギャラリーで一度だけお会いしたことがあるが、
飾らない人柄に好感を持ったことが思い出される。


f0230888_15551988.jpg

追記

夜うどんを作って早速使ってみました。
手触り抜群。
やっぱり本物は素晴らしい!



[PR]

# by jinoricup | 2015-02-25 15:59 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

国宝 明王院



f0230888_13222634.jpg
「明王院」
の2月一般公開は
特別にお雛様が見られるとリビング新聞に掲載された。
住職の奥さまが実家の宮島大本山大聖院からご持参されたとのこと。
学生時代、社会科の成績は常に悪く、
歴史や地理に疎く、神社仏閣にも余り興味のない私も
お雛様は大好き。
由緒あるお寺からご持参されたのであれば、
きっと素敵なものに違いない、是非見てみたいと
ご近所友達のさくら会の皆様に声を掛けて
一緒に拝観に行った。

そもそも、明王院、車で数分の所なのに、
ほとんどご縁がない。
いつもひっそりしていて、静かな佇まいという認識。

400年間非公開だった県の重要文化財である書院・庫裡、
市の重要文化財である護摩堂は
2013年6月から毎月第3土曜日に限り、一般公開されている。
この公開には「明王院を愛する会」の尽力があった模様。

昨年4月、明王院において三代将軍徳川家光公のお位牌が初の一般公開となり、
そのようなものが福山にあることも驚きだったが、
その時、拝観した夫から普段見ることができない書院や護摩堂、庭のことを聞き、
今回それらを拝見できるのも楽しみだった。
お雛様はフラッシュをたかなければ撮影しても良いと言われて
写真を撮ったが、暗いのでピンボケ。
さすがに素晴らしい御殿。


f0230888_12532255.jpg
雛人形を見るのは勿論だが、
私はその精巧なお道具を見るのが好き。
今と違って木で作られ漆を塗って作られたミニチュアの世界に
魅かれるのだろう。


f0230888_12540280.jpg

今回案内役は「明王院を愛する会」の三谷様。
建物内をゆっくり楽しく
ガイドブックに載っていないとっておきの話など伺いながら
見せてもらうことができた。
詳しい説明のお蔭で明王院がぐっと身近になった。

男雛と女雛の並べ方は江戸時代は男女逆の位置だったということは
知識として知っていたが、
雛の並べ方が逆転したのはいつのことかと話題になり、
気になって帰宅後調べてみた。

(暮らしの手帳社発行の「雛と雛の物語り」藤田順子著)によると

「昭和3年、昭和天皇の即位式が京都の紫宸殿で行われた時の
位置等を参考にして
東京の雛人形業界では、内裏雛の左右を決めたと言われている。
しかしこの形式には京都の研究者や学者が正面から反対。
御所を身近に暮らす京都では、現在でも昔と同様、
向かって右側が男雛、左が女雛である。
著者は雛の撮影をするとき、古い雛を飾るとき、
京都方式にしている 」と括ってある。


f0230888_20063983.jpg


  日頃は見ることのできない位置で写真を撮らせて頂いた。

広島県に7つある国宝の2つがこの明王院にあり、
国宝五重塔は全国で5番目に古いと言われているが
何よりすごいのは、朝廷が建立したものではなく、
草戸千軒の経済力と、民衆の寄付によって建立されたと言うのが
市民としての誇りである。

ガイドの三谷様、本当に有難うございました。
そして今回の特別展のため、
他にも大切なお雛様を色々飾って楽しませて下さった
関係者の皆様にも感謝したいと思います。

さくら会の皆も「充実した一日だった。良い勉強をさせて頂いた。
郷土の誇りだし、もっと皆に知ってほしい」と興奮気味だった。

毎月第3土曜日、10時~4時まで。
拝観料 大人 500円、中高生 300円

さてさて、明王院を後にして、さくら会は水呑町にある
「クロワッサン」でランチ。
私はこのお店のホットサンドが大好き。
皆にも満足してもらい、良き一日を終えた。



追記

長らくお守りを買ったことがなかったが、
車を乗り換えたのでお守りを購入。
こんなに小さくて可愛いお守り
気に入った♬


f0230888_20084432.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2015-02-22 13:43 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)