「不思議の国のアリス」の生地

絵本や童話をモチーフにした生地、
例えば「赤毛のアン」や「赤ずきん」はよく生地で見かけるが、
一番よく見るのは「不思議の国のアリス」かも。
長年色々なデザインを見てきたが、
実はラミネート加工に出すための購入は初めて。

今回選んだのは孫が好きだったという理由の他に
生地が大人可愛い柄だったからかな。

早速孫用にお稽古用のバッグを縫ってみた。



f0230888_20081617.jpg


f0230888_20082762.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2016-07-05 20:09 | ビニールコーティング | Comments(0)

処分できないまま・・・

小学一年の孫は絵を描くのが大好き。
絵を描きたいというので家に眠っているクレヨンを出したところ
なんと私の学生時代のもので、47年前のサクラクレヨンだった。

使えるみたいで孫は喜んで描いていたが、
こんな風に捨てられず持っていた、木製の水彩道具入れやそろばん等々。
引っ越しをしていれば、処分したに違いないが、
その必要もなく、嫁ぐ時持ってきたものを今も捨てる機会がなく、持っている状態。

「いつ捨てるの?」「今でしょう」と言われそう。

サクラクレパスのホームページを見ると
1921年の設立。95年の歴史があった。
47年前など古いうちに入らない。

コラムによると幻のままであったクレパスのうち、
箱に「夏期用」という文字の入った大正15年頃の古そうなクレパスが
骨董市で発見され、寄贈されたそうだが、
クレパスとはいえ、その歴史をたどれば興味深い。

子どもの頃、誰もが手に取ったクレヨン・クレパス。
孫のいるような年齢の方にも
家の中には私のように眠っているクレヨン・クレパスがあるかも。

f0230888_19170184.jpg

f0230888_19172101.jpg

こちらのヤマハと書かれたハーモニカはいつ頃のものか分からないが、ケースがレトロ。
こんな調子だから、「ドラえもんのポケット」って言われるんだろうね。


f0230888_19205271.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-06-28 19:27 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

水彩画教室のランチは「クックチャム」のお弁当

いつも買っているお弁当が少々マンネリなので、時には気分を変えてということで
今日のランチは「クックチャム」のお弁当にした。
みそ汁はサービスでつけて下さるので、お願いした。

久しぶりに食べたけど、皆から「美味しかった」と言われて良かった。
このお弁当を540円で作れないよね。



f0230888_20204849.jpg
夫が野菜を少々作っており、この時期キュウリを毎朝収穫。
シーチキンを入れてマヨネーズで和えただけの簡単レシピ。

f0230888_20225460.jpg
そして、ケーキタイムはシフォンケーキと水ようかん。

今日使ったのはジノリ・ベッキオホワイトのプレートと
そしてジノリのアンティコ フラワーズ(アンティコドッチア シェイプ)のカップ。

f0230888_20235386.jpg


こちらのカップ↓はヘレンド、ウィーンのバラ

f0230888_20251848.jpg



ワイワイガヤガヤと何時ものようにお口の方が手より忙しいという
楽しい時間を過ごす。

勿論食べてばかりではなく、絵も描きましたよ。
又アップします。

神戸から取材に来られたサッポー化粧品の記者さま、お疲れさまでした。
実は先日、長らく使っているという理由で、突然の電話で取材申し込みがあり、
私で良ければということでお引き受けし、今日が取材の日となった。
私のマシンガントークの吉本ぶりに圧倒され、上品で素敵な仲間の皆に驚かれた様子。
一緒に楽しんで頂けたら幸いでした。




[PR]

# by jinoricup | 2016-06-27 20:53 | お店紹介 | Comments(0)

ホラグチカヨ さん

今までにも「ホラグチカヨ」さんの生地を見ることはあったが、
自分の好みとは違う気がしてスルーしていた。
ところが今回はその可愛さに魅了されてしまった。

選んだ生地はこちら↓


f0230888_15385755.jpg
ちょっとハマってしまって、来阪した時、加工されたものを大塚やで購入。


f0230888_15413095.jpg

孫用に作ってみた。
f0230888_15440088.jpg

ところで、このホラグチカヨさんって、どんな人?

溢れ出る才能
独特の色使いに圧倒される。

HORAGUCHI KAYO OFFICIAL web siteによると(転記)
ホラグチ カヨ(Kayo Horaguchi)

東京都出身 東京都在住

アパレルデザイナーとして洋服、テキスタイル、ファッションイラスト、広告等の経験を経て、
06’よりフリーのイラストレーター、グラフィックデザイナーとしての活動を開始。
おんなのこ、植物、動物のモチーフを用いた鮮やかな色使いのグラフィックを得意としている。

アパレル、広告、装画、雑誌、モバイル、web等へのイラストデザインの他小物、
インテリア、ステーショナリー、アパレル等の分野でも様々な企業とコラボレーションし
自身のグラフィックを用いたグッズを商品化している。

今後、あらゆる分野でのグラフィックデザインの可能性に挑戦していきたいと考えています。



サイトを見て驚いたのは婚姻届
市町村によって、多少違っていたのは認識していたが、
最近はこんな婚姻届けの用紙が作られていたなんて・・
必要事項が記入されていたら、どんな図柄があっても良かったということなのか。
びっくり!!

さらに調べてみると、今や
セーラムーンやリラックマまで。
驚きました!!!



[PR]

# by jinoricup | 2016-06-19 16:14 | ビニールコーティング | Comments(0)

ペットボトルケース

2か月ぐらい前になるかしら。頼まれていたペットボトルケース。
受注から大体は2週間ぐらいの猶予はもらっているが、
今回はそれにしても出来上がりが遅すぎる!
色々注文があり、ついつい後回しになっていたとはいえ、
このペットボトルケースを縫うにはちょっとばかりエネルギーが必要。
あっという間に縫えるポーチが先になってしまう。

昨日やっと縫った。
1個欲しい人に数個作って選ばせてあげたいと思うので、
先延ばしになってしまう。と言い訳しながら・・・


f0230888_15285709.jpg



やっぱり小関先生のデザインはお洒落。
自分用や友人のプレゼントにしたい。


f0230888_15314911.jpg
f0230888_15323081.jpg



f0230888_15323912.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2016-06-19 15:33 | ビニールコーティング | Comments(0)

移動ポケット大人用

報道によると世の中の70パーセントはスマホらしい。
私自身は検索のほとんどはPCかタブレット。
なので、あまりスマホに変更したいと思えず
今はガラホとなるものを使っている。
この機種はガラケーとスマホをミックスした物だが、
検索画面はガラケー用と違ってPCサイトとなっているものの、
以前より検索画面が見難い。

ところで、18センチのファスナーで作っていた移動ポケットは
もう2センチ大きくしてとスマホ派から要望があり、
作ってみた。


f0230888_09501608.jpg

f0230888_09505861.jpg



f0230888_09523381.jpg


このファスナーは定番商品がないため、別注。
そのため3週間以上も待って頂いた。
お待たせしたが喜んで頂いて良かった。

ところで、これ以上大きくなると移動ポケットとして持ち歩くのは如何なものかと思案している。



[PR]

# by jinoricup | 2016-06-13 10:02 | ビニールコーティング | Comments(0)

亀田製菓「タネビッツ」

急に大阪行きが決まり、夫と週末大阪へ行ってきた。
少しばかり時間があり、阪急百貨店へ。

そこで目に飛び込んだ行列。
亀田製菓の柿の種のプレミアム商品で
阪急本店限定とのこと。
こういうのに超弱い私。
阪急百貨店は商売上手だわ。

柿の種は孫の大好物。
友人にもお土産にしようかなと
少々買い込む。

バトンドールのような行列はなく、10分程度の待ち時間。
因みにバトンドールは相変わらずの行列だったけど・・・

亀田のホームページによると、
『亀田の柿の種』発売50周年に 「焦がす」 「揚げる」 「燻す」 「漬ける」、
4つの製法を加えて大人が満足する初めてのおいしさの柿の種が誕生。

阪急の情報誌によると
『発売から50周年を迎えた今年、
「何か新しいことをしたい」という亀田製菓と阪急百貨店の思いが一致し、名前も新たに進化。
4つの製法をプラスした5種類の特別版が本店限定で登場することになった』と伝えられている。

お店の方にお尋ねしたら、
一番人気は赤色パッケージの「たまり二度漬け」で2番目は「さくらスモーク」と教えられた。

義娘と一緒に「焦がし醤油」を食べてみるが、
感想をいうとピーナッツが欲しい。

ビールやウィスキーシャンパンに合わせたい大人の柿の種とのことであるが、
そうですよね。普段の柿の種との違いがよくわからないと思える孫に食べさせるのは一回で良いかな?
何と言っても子どもには、いえ私にも高級すぎる。



f0230888_12462398.jpg


f0230888_12464802.jpg

追記

教室の集まりで全種類の試食会となる。
皆の感想を一言。

お店の方から教えてもらった一番人気の「たまり二度漬け」は味が濃いと評判今一。
平均年齢が60才以上と薄味世代のものなので・・・・
我が家での人気は「から揚げ」とわさび味の「天ぷら」。
やっぱりピーナッツと一緒に食べたいと皆の意見が一致。
お持たせのクルミがあったので、一緒に食べる。

コーヒーと一緒に食べた感想だが、
ワイン等別の飲み物と食べると又違う感想になるかも。


[PR]

# by jinoricup | 2016-06-06 12:48 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

水彩画教室

「格太郎と麦」は月曜日定休日なので、
ほとんどの教室日と重なる。
今週は火曜日の教室となったため、
ランチはサンドイッチにした。

そうなると今回もミネストローネを作ろうかと・・・

大鍋に作りましたよ。


f0230888_19545910.jpg



f0230888_19561125.jpg



ラルフローレン アナリアのカップとプレート
f0230888_19564574.jpg



      3時のお茶はこちら
  
f0230888_20050220.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-06-02 20:04 | 水彩画教室 | Comments(0)

「こんぺいとう倶楽部」コンサート

先週日曜日は西公民館で「こんぺいとう倶楽部」の10周年記念コンサートが開催された。
西公民館は幼稚園の跡地に建てられたと聞いたが、
木がふんだんに使われていて温かみのある山小屋風とでも言おうか。
既存の公民館のイメージとは随分違っていて驚いた。
天井が高く、広々としたホールは、ちょっとしたコンサートにぴったり。

ユーモアたっぷりの軽妙な司会者の進行で
皆で一緒に唱歌などを歌い、楽しい時間を過ごした。
茶菓の接待まであり、その心づくしに感謝。
長年お付き合いの友人はボーカル担当。
心残りは私が勝手に福山の森山良子と認めている、彼女のソロが聞きたかったこと。

こんぺいとう倶楽部は
施設を訪問し多くの方を楽しませていらっしゃるが、
これからもその活動が皆を幸せにされることだと思う。
末長い活動となりますように・・・



f0230888_19312171.jpg



f0230888_19320640.jpg



f0230888_19324747.jpg











[PR]

# by jinoricup | 2016-06-02 19:47 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

第7回ジュリエッタ水彩画展

今回で7回目となる水彩画展。
昨年に続き同時期に「鷹や」さんで開催予定。

5月7日(土)~5月29日(日)
毎週 月曜日・火曜日は定休
5月22日(日) 臨時休業


クリスマス・お雛様・バラ等
テーマを決めての出品をしたが、
今回は各自好きな絵で出品。

今年のDMはうさぎさんの桜の絵。



f0230888_10341146.gif


  追記  昨日(5/1) 搬入しました。


f0230888_19353748.jpg


奥の部屋には玉枝先生のスケッチ6点展示しました。


f0230888_19372347.jpg


追記

18日水曜日にさくら会のメンバーで鑑賞を兼ねてランチへ。
ジムで案内させてもらった2組の方にも偶然鉢合わせ。
ともさんも義妹と来店されており、
沢山の知り合いにお会いした。
見に行って下さった皆様、本当に有難うございました。
この場を借りてお礼申しあげます。



[PR]

# by jinoricup | 2016-05-20 11:50 | 水彩画教室 | Comments(0)

OKADA邸へ

毎週水曜日だけオープンの、自宅カフェ「OKADA邸」へ。
家から車で10分程度の近くなのに
気になりながら、すっかりご無沙汰していた。

うさぎさんと一緒に訪問。
委託させてもらっている商品を
新作などと入れ替え等をした後、
美味しいケーキセットを頂いてゆったりと至福の時間を過ごす。

初夏らしくガラスの器に
B&G のクリスマスローズのカップ。



f0230888_20300307.jpg

f0230888_20305882.jpg

オーナーはアクセサリー作家
販売中の素敵な作品が一杯。
f0230888_20315264.jpg

f0230888_20320498.jpg

今日も楽しい時間を頂いた。
Ⅿ子さんに感謝。



散歩の途中で持ち帰ったといわれるぺんぺん草も
M子さんお手に掛かるとインテリアに・・・


f0230888_09432863.jpg



そうそう、棚に見つけました。松田百合子さんのポット。
私とは形が違ってこちらのシェイプは可愛い。


f0230888_09451323.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-05-11 20:35 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

ジュリア

親しくしている順子さんから「バラの花を持って行くね」と
電話がかかった。
家の庭に咲いたバラとのこと。
「少し時間があるなら一緒にお茶にしない?」と誘った。

紅茶好きの順子さんに淹れたのは
ウェッジウッドの810 Parapet パラペット
この紅茶は緑茶と熟したトロピカルフルーツの甘みでとっても香りが良い。


アンティークっぽい色使いの優しいバラ。
名前は 「ジュリア クレメンツ ローズ」

あまりに素敵だったので写真を撮った。


f0230888_13582969.jpg


f0230888_13590671.jpg


        
仕事の傍ら施設を訪問して音楽活動をしている
仲良しの友人からの案内。


こんぺいとう倶楽部10周年記念コンサート

  5月29日(日)
  13:30~15:30
  西公民館
無料です。お近くの方、どうぞご気楽にお越しください。


f0230888_14184786.jpg



        

[PR]

# by jinoricup | 2016-05-08 14:23 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

とよまつ紙ヒコーキ・タワー

連休で、大阪から孫たちがやって来た。
昨年も行って喜んだ道の駅 さんわ182ステーション
道中は新緑が美しく、山間の藤を楽しめた。
孫たちは道の駅隣接の公園にあるターザンロープに夢中で、
何度も乗って堪能した。

でも、もう一か所どこかへ連れていきたい。
昨年はファミリーパークへと
公園の梯子をしたが、
今年は三和から車で35分程度、豊松にある
とよまつ紙ヒコーキ・タワーへ行った。


f0230888_19315734.jpg

先ずは一階で紙飛行機を折るところから始まる。
入場料300円で一人5枚渡された紙で真剣そのもの。
紙は放っておいても自然に帰るという優れものだそうです。
f0230888_19180117.jpg

ここの施設は360°大パノラマの展望台から雄大な山々を目指し紙ヒコーキを飛ばすことができますという謳い文句の通り、
素晴らしい眺め。

ネットによる施設の説明では
標高663メートル、米見山(よなみやま)山頂公園の中央に高さ26メートルの紙ヒコーキ・タワーがあります。このタワーの15メートル位置には展望台があり、遠くに大山や道後山、比婆山連邦なども望め、紙ヒコーキも飛ばせる世界でも珍しいタワーです。



f0230888_19405574.jpg


f0230888_19505707.jpg

窓から下を見た景色
f0230888_19515872.jpg

窓枠の上に山の表示があり、景色と重ね合わせて見ることができる。
f0230888_19412051.jpg

日頃都会生活なので、ちょっと違う日常を送れたかな?
ママと一緒に新幹線で帰阪。
孫たちは「又大阪へも遊びに来てね」といつまでも手を振って別れを惜しんでくれた。




[PR]

# by jinoricup | 2016-05-05 19:52 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

ヘレンド展へ

4月中旬から始まった美術館での「ヘレンド展」
やっと行って来た。
福山美術館で洋食器の展示は私が知っている限りでは初めてのこと。
ちょっと驚きだった。


f0230888_14510622.jpg

f0230888_14512616.jpg



ヘレンドと言えば、ヴィクトリアが有名だけど、
私が好きなのは「ポワッソン」
その原形となるものも展示してあった。

古い時代のヘレンドの作品の数々。
よくぞ、はるばるこの町に来てくれたなと・・・
関係者の尽力に感謝したい。

1800年代の職人さんに思いを馳せながら、
ゆっくり作品を見て楽しませてもらった。

ところで、美術館の中にある売店で見つけた
ガーゼ地の白いレースのハンカチ。
係りの方に断って写真を撮らせて頂いたが、
福山では美術館のみの販売で
少し前に入荷したばかりとのこと。
今治のタオルだそうで、ガーゼ地に
タオルの糸で刺繍が施され、吸収が良いとのこと。


色々聞いていたら、引っ込みがつかなくなり
「買わなくてもいいですよ」と言われたけど・・・
オリーブ・クローバー等、柄が色々あり、
悩んだ末にブドウ柄を購入した。


f0230888_14531662.jpg


売店ではヘレンドのグッズが販売されていて、
クリアファイルと、マンダリンの絵が描いてあるメモ帳をゲット。
ハンカチは早速バッグに入れて本日から使うことにした。




f0230888_14522342.jpg


お店の方のお話だと先日広島であったG7のお土産にも
このハンカチが使われたとのこと。
今治タオルと言われても色々あるので、
ネットで検索してたどり着いたのが、
こちらの株式会社「ユース」

会社の説明を抜粋すると
ミコノスシリーズタオルはエーゲ海で“白い宝石”と呼ばれているミコノス島を、刺繍とレースでエレガントに表現したシリーズです。

繊細なレースの糸も、タオルのパイルになる糸でつくられていますので肌あたりがやわらかく、よく水を吸ってよく乾きます。
オフホワイトのガーゼ生地に、レースを縫いつけた逸品です。



[PR]

# by jinoricup | 2016-05-01 15:10 | 暮らしの中で・・・ | Comments(3)

実は苦手

友人からネコ柄のポーチとペンケースをという注文。
小学生のお孫さんへのプレゼントだそう。
実は子ども用にと言われる作品作りは苦手。

子どもと言えども結構好き嫌いがあるし、
子ども用として市販されているものは安価で沢山の種類がある。
私など到底太刀打ちできない。
第一に子ども用にと考えて生地も選んでいない。
私の孫たちだって、それぞれ市販の気に入ったものを使っている。

断ったが押し切られて、縫ってみた。
趣味以上仕事以下と自分の役割をそう位置づけているが、
仕事と思えないから好き嫌いを言ってしまう。

とは言え、1個だけ縫って決めてもらうのが嫌で
2組と言われたがいつものように色々縫ってみた。


f0230888_11010104.jpg


YUWAの手鏡とバラ
以前買い損ねた生地が復刻されたので加工してもらった。


f0230888_11032029.jpg


f0230888_10082066.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2016-04-23 11:03 | ビニールコーティング | Comments(0)

艶やか 京焼 陶あん


親しくしていた友人がお店を閉めたというので
預かった沢山の器。
それが、京焼の「陶あん」

お店のホームページから抜粋すると
「京焼・清水焼窯元・陶葊は大正11年、京都の東山泉涌寺(ひがしやませんにゅうじ)で創業。

野々村仁清(にんせい)、尾形乾山(けんざん)からの京焼・清水焼の伝統を受け継ぎつつ、
常に技術革新に取り組み、他の京焼・清水焼と一線を画する作品を作り続けています。

現在は、四代目である土渕善亜貴(どぶちよしあき)が陶葊の当主であります。

華やかで独創的な作品を生み出し、現代の生活に潤いを与える器を創りだしたく、
特に草花をモチーフにした作品を多く手がけています。」

もう7~8年前になるかしら。
彼女のお店で買ったお湯呑み。
沢山の中から選んだのがこちら↓で
とても大切に使っている。
ネットで検索した情報によると、このシリーズは幽玄桜と呼ばれている。



f0230888_11223215.jpg

f0230888_11223929.jpg

預かった器の中にこんな艶やかな角フリーカップが・・・
こちらは私が使わせて頂くことにした。


f0230888_11333336.jpg

f0230888_11334667.jpg
こちらの器は茶碗蒸しに使っていたといいうことだが、打って変わって可憐。


f0230888_11400694.jpg

蓋の中にもこんな可愛い花が・・


f0230888_11413644.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-04-20 11:46 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

「ここちComfort Gallery」ですり鉢を買う

最近時々行く
KaDoNo ISHOKUYA (かどの居食屋)でランチ。
リーズナブルな価格で、雰囲気が良く
勿論料理も美味。
一緒に行ったうさぎさんに喜んでもらう。

本日の目的は
ここちComfortGallery

昨年に続いてすり鉢展が開催されていると知り、
出掛けた。
とてもフレンドリーで感じの良いオーナー。
洗練されたギャラリーの雰囲気も素敵♪
孫のお迎えの時間が迫っていたので長居ができなかったが、
ゆっくりとしたい思わせるお店。


f0230888_21001854.jpg

今回企画されたすり鉢は
常滑で唯一の「すり鉢専門窯 ヤマセ製陶所」 
手作業でのすり鉢づくりされている 四代目 杉江匡さんの作品。

f0230888_21004788.jpg

f0230888_21005275.jpg



f0230888_21005922.jpg

f0230888_17113908.jpg

大小様々な大きさ、絵柄があり楽しい。
私が購入したのは
口径22センチ高さ10センチあるたっぷり目のこちら↓

f0230888_21055625.jpg



f0230888_21061248.jpg

すり鉢展は24日まで
お店のブログで紹介されている。


[PR]

# by jinoricup | 2016-04-15 21:10 | お店紹介 | Comments(0)

この生地には・・・

新しい生地に出合うと、柄の大きさ、色合いなどを考慮し
その生地が一番素敵に見える製品は何だろうかと
色々思案するのが大好き。

今回はポーチにはちょっと寂しいかなと思ったので、
ポシェットなどを作ってみた。

f0230888_17033789.jpg

f0230888_17450055.jpg
f0230888_17454972.jpg
f0230888_17460442.jpg
 お隣さんから頼まれて今朝はキャンディー入れ
 これを作るのも大好き♪
    

f0230888_17480403.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-04-10 17:48 | ビニールコーティング | Comments(0)

今年も元気でお花見

さくら会のメンバーであるH子さん宅へ。
今年は久々に夫達も交えてお花見。

毎年良く咲いてくれて嬉しいと、桜を愛でる。

f0230888_10503150.jpg


f0230888_10504672.jpg


室内から見たらこんな風景
f0230888_10515903.jpg


甚ごろうさんにお願いしたお花見お弁当で・・・


f0230888_10510539.jpg



私はジノリのベッキオホワイトのボールへ
鯛のカルパッチョを持参

f0230888_10513113.jpg

 今年も元気でお花見ができたこと、
毎年ご招待下さるH子さんやさくら会のメンバーに感謝しながら、楽しみました♪ 
 
 そんな年齢なんですよね。



[PR]

# by jinoricup | 2016-04-06 10:56 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

孫に・・・

孫用に2つバッグを作った。
一つは「はらぺこ青虫」のランチバッグ


f0230888_14343600.jpg



そして、もう一つは不思議の国のアリスの柄でバッグ。
これを作ったきっかけは
小学校で5年生になったら始まる裁縫に
孫がアリスのデザインの裁縫バッグを選んで購入していたので・・・
アリスの柄が好きならと家にあった生地でバッグを縫ってみた。

それにしても裁縫箱のカタログを見せてもらってびっくりポン。
沢山の中から選べて随分お洒落で可愛い。
時代の流れを感じますね。




f0230888_14080439.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-03-29 14:09 | ビニールコーティング | Comments(0)

「格太郎と麦」のサンドイッチ

月2回の水彩画教室は月曜日がほとんど。
「格太郎と麦」お店の定休日と重なり、
なかなか注文できずにいたが、
前回は火曜日の教室だったため
注文してランチとした。

ここのお店はもうオープンして随分長くなるが、
長らく愛されてきたサンドイッチ。

ミネストローネを作って皆に喜んでもらう。

春キャベツの美味しい時期。
大鍋一杯作りましたっ!



f0230888_13584169.jpg
f0230888_13594398.jpg


ミックスをお願いした。
f0230888_14000248.jpg


f0230888_14004773.jpg

f0230888_14030329.jpg

そしていつものコーヒータイム

美味しいケーキをいつも当たり前のように頂く幸せ♪


f0230888_14033189.jpg


f0230888_14035231.jpg





[PR]

# by jinoricup | 2016-03-29 14:05 | お店紹介 | Comments(0)

りくろーおじさんの店「チーズケーキ」

大阪へ行ったらスイーツに目の無い娘にお土産を買って帰る。
新大阪駅のナカエキでの購入となるが、

良く買うお土産は

 五感 「ええもんちぃ」 

② 551  「豚まん」

 よしもと  「面白い恋人」

 瓢月堂  「大阪プチバナナ」


勿論私が好きなお菓子ばかりだけど
いずれも度々購入したので、少々飽きたらしい。
次回は「りくろーおじさんの店」チーズケーキをと所望される。
りくろーおじさんの店はもう30年の老舗らしい。
スフレ感覚のチーズケーキで
甘みも抑えてあり、安価で買いやすい。

お土産でうさぎさんにもあげたら
美味しかったので又欲しいとのこと。
ところが、一度目は簡単に買えたものの、
2度目3度目は品切れで購入できず。
人気なんですね。

ならばとネット注文して、届いたのがこちら↓


f0230888_13313513.jpg


ちょっと甘めだったけど、アップルパイも一緒に購入。
f0230888_13314527.jpg


f0230888_13320807.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2016-03-29 13:42 | お店紹介 | Comments(0)

プレゼントにしたいからと・・・

プレゼントしたいからと、ポーチ40枚の注文を受けた。
若い方が多いと言われるプレゼント先を考えて、可愛い柄を選んで縫ってみた。

f0230888_16495288.jpg



f0230888_16505426.jpg



そうそう、長らく蝋引きのタグを作っていなかったなと
夜遅くなってから蝋引きタブを作ってみた。
喜んで頂けたら嬉しいのだが・・・



f0230888_16512691.jpg


f0230888_16513399.jpg



f0230888_16515444.jpg



f0230888_16514622.jpg



[PR]

# by jinoricup | 2016-03-20 16:52 | ビニールコーティング | Comments(0)

ちょっと遅いひな祭り

3月になって初めての水彩画教室だったので、
ひな祭りの食事をしたいと思い、
如稲さんに予約を入れて「うずみ寿司」をお願いする。
美味しいお吸い物が食べたいと思ったが、
ちょっと自信がない。
団子汁や芋煮汁なら何とかなるが、
うま味の効いたお澄ましは・・・・

と、いうことで、ここはプロにお願いすることにした。
こんな時に頼もしい仲間がいて、大変ラッキー060.gif
ともさんから「真薯を作ってもっていく」と快諾して頂き、
とても楽しみにしていた。

お昼になり手際よく貝柱の真薯を盛り付けてもらう。
お雛様の絵が描かれているこのお椀を使いたかったので、
とても嬉しい。



f0230888_19570176.jpg

貝柱は一度表面を串焼きにするとのこと。
良いお出汁がでて、とっても美味。
一口飲んで思わず「美味しい!」と歓声が上がる。
美味しい吸い物を食べると
日本人で良かったと幸せに感じるのは私だけ?


f0230888_20034528.jpg

f0230888_20041939.jpg


f0230888_20043876.jpg


そしてコーヒーブレイクは
ホワイトチョコの入ったイチゴのケーキ、
これまた美味。
ケーキの先生に感謝、感謝です。
ケーキプレートはジノリのベッキオホワイト、
カップは和食器を使ってのセッティング。

コーヒーは
ブルーマウンテンの「瀬戸内ど真ん中」
朝、コーヒー豆を切らしていることに気が付き
慌てて焙煎。


f0230888_20060073.jpg

このお雛様の絵付けのあるカップは二十数年前に
広島の「ギャラリーたむら」で
実兄が購入し、プレゼントしてくれたもの。

f0230888_20400138.jpg


f0230888_20462663.jpg


で、絵は描いたの?
勿論です。
チャーンウッドのデミタスです。



f0230888_20523792.jpg



追記
 
この絵で蝋引きタグを作ってみた。


f0230888_16550070.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-03-15 20:16 | 水彩画教室 | Comments(0)

立つしゃもじ


2月に2回、3月に2回
この時期、息子夫婦が大変忙しいというので、
家事、子守りのため
計4回大阪へ行っていた。
今日水彩画教室のため、昨夜帰宅したが、
息子夫婦も段取りが付いたようで、
暫くは出番はなさそう。

大阪へ行くと
いつもは阪急デパートあたりを
ウロウロするのが恒例だが、
今回はそんな時間が取れず、
江坂駅付近で買い物する。

2歳の孫は予測不能な行動をとるので
目が離せず大変。
でも、よくお喋りし、踊り歌ってくれて
楽しませてくれた。

江坂駅前の東急ハンズで
「立つしゃもじ」を購入。
このしゃもじは2年ぐらい前、
K子さんに薦められて購入し使っていたが、
先が少し割れたために再購入。
淵が薄いので混ぜ易く、大変重宝していた。
皆にお土産にしようと数本購入。

f0230888_21123118.jpg

もう少し買っておいても良かったかなと思ってネット検索していたら
新製品なるものを見つける。

                           立つしゃもじ プレミアムクリア K555CL


                 商品詳細/
                   マーナの大人気商品「立つしゃもじ」にプレミアムクリアが新登場です!!
                 TPX樹脂使用でさらにこびりつきにくく、擦りがラスのように美しいしゃもじです。

                                             (HPより抜粋)




もうこれは買わなくては・・・

ほとんど米粒がつかず、使いやすさ抜群

f0230888_14121512.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-03-14 21:27 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

お雛様の季節

今日は水彩画教室。
それに合わせて昨日やっと雛飾りを済ませた。
ミニチュア版のお雛様ばかりで、
その気になれば直ぐ出せるというのに
年のせいか、ぐずぐずしてしまう。
お雛様もやれやれと思っているかしら。

何といってもこの自慢のお雛様。
退職記念に自分にご褒美に買ったものだもの。
このブログで毎年紹介しているので、笑われそうだが、
やっぱり今年もアップ。

一刀彫 高橋勇二作

f0230888_21042456.jpg
初めてこのお雛様を4号に描いてみた。
でも全部は描かず、3段目まで。


f0230888_19240374.jpg



f0230888_21041618.jpg

今日は久々に「甚ごろうのお弁当。
お出汁がしっかり効いていて、上品な薄味。
配達もして頂けるので、大変有難い。
皆、「美味しいね」と大満足してもらった。

f0230888_19310855.jpg

f0230888_19313263.jpg



f0230888_19311960.jpg


そして、ティータイム。
今日はウェッジウッドのカップをチョイスしてセッティング

f0230888_19324277.jpg

f0230888_19325451.jpg



f0230888_19330582.jpg
いつも楽しい時間を過ごさせてもらっているが、
皆様のお蔭。
無理を承知で言いたい。
「永遠に続きますように・・・」


[PR]

# by jinoricup | 2016-02-22 19:34 | 水彩画教室 | Comments(0)

ガーデニング帽子

昨年フリーマーケットをした時、初参加して頂いたTさん、
ガーデニングの帽子をなんと500円で提供頂いた。↓


f0230888_11321593.jpg



Tさんは元々縫製のお仕事をされていたということで、
さすがプロ!
私に到底縫えない。
お値段以上の品物だが、ちょっと和風の生地は・・・
と、言うことで、安価で可愛い生地を探してみた。
なかなか無いよね。

Tさんに500円出すから縫って欲しいとお願いしたら、
快諾して頂き、届けてもらった。

こちらの商品は完売しました。↓


f0230888_09113015.jpg



f0230888_11334312.jpg
多めに頼んだので、在庫少しあり。
生地代と縫製代の原価でお分けしますので、ご希望があればどうぞ。
700円~900円程度。

2月22日
すべて完売しました。有難うございました。


[PR]

# by jinoricup | 2016-02-18 11:38 | 暮らしの中で・・・ | Comments(0)

和菓子「福富」

先日お邪魔したお宅で
「このお菓子、人気でなかなか買えないのよ」と言って頂いたお菓子。
ちょっとフィーバーしているらしい。
同じものを昨日、仲良しの友達が持参してくれた。

「菓匠福富」 は和菓子が美味しいので、
時々贈答品にしたり、自分用を買ったり・・・

今回頂いたお菓子は「こくっとろうる」
ホームページの説明では、
「黒糖入りのふんわりとした生地で、小豆クリームを巻いた美味しいお菓子です。」とある。

きな粉がまぶしてあり、和洋折衷といった珍しいもの。
夫は気に入って美味しいを連発していた。
勿論美味しかったけど、私はカスタードクリームの方が好きかも。
やはりワッフルの王道は何と言ってもカスタードクリームと思っている。



f0230888_18575313.jpg

f0230888_18581040.jpg

f0230888_18581569.jpg

ワッフルも美味しかったけど、福富の一押しは「最中」
小豆は「丹波大納言」で丁寧に作られている。
私は最中は購入して食べることは少ないのだが、
ここの最中は買って食べたい味。絶品である。



[PR]

# by jinoricup | 2016-02-11 19:06 | お店紹介 | Comments(0)

ネコブーム

ペットの数ではイヌを超す勢いのネコブーム。
それは生地の世界でも如実に現れていて、
犬のデザインよりネコが多い。
我が家でもネコデザインの生地を好まれる方が多いが
何といっても見た目の可愛らしさかな。
イヌより絵になる。

今回ペンケースやキャンディ入れにぴったりの
小さいネコちゃんを発見。
ペンケースを縫ってみた。

f0230888_15114284.jpg
f0230888_15115740.jpg

ペンケース100個も注文がきて、
只今製作中

f0230888_15120559.jpg




[PR]

# by jinoricup | 2016-02-07 15:13 | ビニールコーティング | Comments(0)

何故福山は知名度が低いのか

先日の林先生の講演後、
福山のことを知らないのは私の方かも知れないと思い、
うろ覚えの福山の歴史を
昭和60年12月に発行された漫画「福山の歴史」で読み返してみることにした。
本棚から下巻は見つかったものの、上巻が見当たらない。
もう30年も経過しているので無理もないかと思ったが、
昨年改訂版が出たと新聞記事で読んだことを思い出し本屋へ行く。
改訂版は上巻と下巻が合冊されて、
一冊の本となっていた。

f0230888_09190146.jpg
巻末に「明治の凋落と栄光の回復」という本が紹介されていたので、
書店にお願いしていたら、本日届いた。

サブタイトルが「三流意識を捨て、一流のまちをめざそう」
何とも泣けるタイトル。

f0230888_09185607.jpg

一気に読んだが、540円でこんなに福山のことを教えてもらって
本当に有難い。
目から鱗状態、知らないことが一杯だった。
この本はコピーライターの中山善照さんによって書かれたもの。
漫画なので、歴史に弱い私でも無理なく読めた。


f0230888_09190632.jpg
本から引用すると、
福山は県庁所在地になって当然の町だったのに、
譜代大名だったために、薩長政府に疎まれて、
政治中心地の地位を奪われてしまった。
県東部の田舎町となり、経済的にも疲弊したため、
お城の堀は埋められていき、民間に売却されて、
歴史遺産が破壊されていったと言うことだそうです。
明治以降の福山人は貧しさ故、三流の発想となり、
文化の蓄積ができなかった。
その歴史DNAが今も伝わっている。
一流の町は歴史が培った文化を蓄積していて、
都市ブランドを持っている。
一方福山は都市ブランドを獲得していないため、
知名度が低いということになるようです。

確かに、確かに、
福山は、「文化の谷間、医療の谷間、教育の谷間」と言われている。
コンサートは広島の会場から次は倉敷へ。
大病したら、福山では医療機械が無いから無理と言われ、
岡山か倉敷の病院を紹介される。
教育に関しては敢えてふれずに置くが、周知の通り。

では、そんな福山市に皆不満一杯かと言うと、
案外そうでもなくて、
温暖で住みやすく、災害も少なく、
スーパーが多くて、買い物が便利でと、
そこそこ満足している。

百貨店の「そごう」が撤退した時に、
新聞に「高級志向の強くない土地柄」と掲載されたけど、
上手い表現に笑ってしまった。
今回も書中に
(「何事もごく普通でよい、安くすませればよい」
という思いだったから、福山は明治百余年間で三流意識に染まった。)
とあったが、正にその通り。
そして問題なのは、私を含めて周囲の皆様、
そのことを疑問に思っていないし、一流を目指してもいないということ。

福山に一流をとりもどすため、色々な提言があったが、
特に私が支持したいは、
「天守閣を木造で再建しよう」である。

広島大学の三浦正幸教授による福山城について講演会があり、
以前受講した夫から
「譜代大名の地で、十万石だったのに、
西日本の外様大名に睨みをきかせるため、
三十~五十万石規模のお城だった福山城は
日本八大名城に入る立派なお城だった」ことを聞いて知っていたが、
書中にも詳しく書かれていて熟知できた。

今、福山城は築後五十年経過し、鉄筋コンクリートの耐用年数がきていて、
もうすぐ取り壊さなくてはならないらしい。
図面や資料をもとに、木造本格完全再現できるとのこと。
木造なら500年保つと言われている。

福山城築城400年を盛り上げる会では福山城築城400年を盛り上げるサイトとして
福山城のことが詳細に書かれている。
市民も盛り上がって、是非実現させたいものである。

今の福山市を市民が誇れる町にするため
福山の歴史を鑑み、丁寧に考察され、提言されている。
著者が福山市をどんなに愛されているか
その並々ならぬ情熱が伝わってきた。
この本を出版されるまでに大変なご努力があったことと思うが、
その熱意に敬意を払うとともに、心から感謝したい。
そしてこのような福山の歴史こそ、
これからの福山を支えていく小中学校の生徒にも学んで欲しい。

私の拙い文章では、詳細に書かれた福山の歴史を表現できない。
たった540円という安価な本。
私は出版社の回し者ではないが、
福山市を知るうえにも、又これからの福山市を考えるためにも
福山の方々に是非この素晴らしい本を購入して読んで頂きたいと熱望する。


More
[PR]

# by jinoricup | 2016-01-21 00:20 | 暮らしの中で・・・ | Comments(3)